お笑いコンビ・スーパーマラドーナの武智(44歳)が、3月27日に放送されたバラエティ番組「ぜにいたち」(ABEMA)に出演。若手芸人の“煽り”にブチギレた。

番組は今回、未来の“M-1芸人”を輩出すべく、「バリバリ漫才塾」を開講。「M-1グランプリ」決勝に4年連続で進出し、出場資格を失ってからも“M-1愛”が強いスーパーマラドーナが漫才の極意を伝授した。

スーパーマラドーナが対峙したのは、4組のヤンキー芸人たち。全員ヤンチャな見た目の芸人たちに、かまいたちも「めっちゃヤンキーや(笑)」「ヤバすぎるやろ」と度肝を抜かれる。

また、大先輩となるスーパーマラドーナが入室するも、見向きもしない彼らに、武智も「エグいな…」と苦言。緊迫した空気の中、コンビの課題を洗い出すため、ネタ見せがスタートした。

しかし、早々に「ネタ見せの順番が気に入らない」「面白くねえ」「ネタ中に黙ってらんねぇのか」と芸人同士で殴り合いの喧嘩に発展し、収集がつかない展開に、武智の堪忍袋の緒が切れ、「俺はちゃんと挨拶したやろ。君らは学びに来てるんやから、ちゃんと礼儀を払った方がええぞ」と叱責。すると、「礼儀とか言ってるけど、上沼恵美子さんに噛みついてましたよね?」と盾突く若手芸人が…。

あまりにも直球すぎる指摘に、かまいたちは「言われてる(笑)」と爆笑。一方で、武智は「それは関係ないやろ!」と怒声を上げる。これを聞いた“武智軍団”のかまいたち・濱家隆一は「関係ないことあらへんがな!」と若手芸人に加勢。山内健司も「正論を言われて動揺してる(笑)」と容赦ないツッコミを入れた。

さらに「説得力がない」と若手芸人が煽ると、苛立ちがピークに達した武智は「お前に関係ないやろ!」と机を蹴り飛ばす事態に。その真意を「こっちもエラい目に遭ってる。周りや相方に迷惑をかけた。そんな大変なことも、お前は知らんやろ。それなのに中途半端に口出してくんな」と思いの丈をぶつけると、濱家は「自業自得です」と辛らつなツッコミを入れ、笑いを誘った。