屋根裏部屋

頭上で物音がすることに気づき、不安になった男性。確認しに行ったところ、そこには会ったこともない女の姿が…。ホラー映画のような体験をした男性について、『The Sun』など海外メディアが伝えている。


■物音が気になった男性

アメリカ・ワシントン州で暮らす男性が、屋根裏のほうから不思議な物音がすることに気づいた。「きっと動物だろう」と考えたもののどうしても気になったため、屋根裏部屋を確認しに行くことにした。

しかし、どういうわけか内側から鍵がかかっており、ドアは開かない。不安になった男性は、念のため何度かノックした。


関連記事:50代女が殺し屋を大金で雇い逮捕 「元夫の再婚相手を始末して」

■中にいた黒髪の女

数回ノックしたとき、ドアの向こうから女の声が聞こえたため、男性は驚き警察に通報した。直後に「ジミー? ジミー、あなたなの」と言う質問が聞こえ、女がゆっくりドアを開けたという。

男性が恐る恐る中を確認すると、そこには面識のない黒髪の女が立っていた。衝撃的な展開にショックを受けつつ、男性は「誰だ? 俺の家で何をしているんだ」と女に声をかけたそうだ。


■「ここは私の家」と主張され…

「ここは私の家なの。ここで暮らしているのよ、3日前からね」と話し始めた女は、再び“ジミー”に言及。「ジミーに『ここで暮らしてもいい』って言われたの」と説明し始めた。

男性は、警察官が到着するまで女を逃がすわけにはいかないと考えたが、思いのほか時間がかかった。そのため女は現場から逃走し、その場で逮捕してもらうことはできなかったという。

■警察も捜査を開始

男性は「警官隊の到着まで18分も待たされました」と話しているが、警察はそれを否定。また「通報を受けた時間は午後9時1分。容疑者が姿を消したのは午後9時3分だったと聞いています」と発表している。

この件で男性はずいぶん怖い思いをしたらしく、家中の鍵を取り替えるなど対応に追われたそうだ。警察も捜査を続けているが、女も“ジミー”もまだ逮捕されていない。


■過去にもあった類似ケース

知らないあいだに家に人が隠れ住んでいたという奇妙なケースは、過去にも報じられた。

物が動かされた形跡がある、食べ物などが減る、屋根裏や屋内外の物置などから妙な音がするという人は、念のために確認しておいたほうがいい。

・合わせて読みたい→夫のスマホに猥褻画像を発見した妻が激怒 暴行事件を起こして逮捕に

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

屋根裏で謎の女を発見し通報した男性 「ここは私の家」と主張され震撼