実業家のひろゆきこと西村博之氏が3月30日のツイッターで、立花孝志氏に批判的に言及し、物議を醸している。

 ひろゆき氏は「政治家女子48党(旧NHK党)前党首の立花孝志事務局長が国会内で辞職会見。立花氏が大津綾香党首に『代表に戻りたい』と言って断られたのと11億円の借金を返す目処もないので辞める模様」と現状を報告。続けて、「ちなみに立花氏が公金から取ってた年収は3000万円だそうです。そりゃなくなるわ」と皮肉ツイートを行った。いつものひろゆき節が全開と言える。

 これには、ネット上で「何がしたかったんやろ」「NHK党の借金が膨らんでいるという話は聞いた事があったが、11億円かぁ…」「いよいよ、ヤバいなこれ…って、世間から注目を集める為の芝居である可能性も考えられるが」といった声が聞かれた。

 >>ひろゆき、ガーシーの動画に「泣いてるのかな」と挑発? 立花氏の違法性も示唆<<

 一方で、「これは酷い印象操作。昨日の公開会議絶対見てないよな。この国の大半の国民はこうやって騙される」とひろゆき氏の要約に批判的な声も聞かれた。

 さらにひろゆき氏は、30日深夜には「『政治家女子48党』銀行の口座に、わずか2400万円しかなく、それでいて11億円の借金を『いつでも返済する』と言っていた立花孝志氏。 立花孝志は『借金の返済ができなくなってしまったのは大津綾香のせい』『債権者は大津綾香を訴えろ』という動画をアップ」の文言とともに、立花氏を批判するフリーライターで選挙ウォッチャーのちだい氏のnoteエントリーを紹介。立花氏を挑発するような書き込みを行っている。

 立花氏は、かねてよりひろゆき氏との対談を求めているが、ひろゆき氏側が応じていない流れがある。23日のツイッターでは、ひろゆき氏の「海外逃亡中のガーシー元議員の逮捕状といい、NHK党犯罪者だらけ、、、」というコメントに対し、立花氏が「くだらない、ツイートしてる暇あったら、逃げずに私と対談して下さい!」と求める流れも見られた。

 ひろゆき氏は、今回再び立花氏に言及したため、ネット上では「立花さんとひろゆきさんで対談してほしい」といった声も聞かれただけに、今後の展開も気になるところだ。

記事内の引用について
ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246
立花孝志氏のツイッターより https://twitter.com/tachibanat

西村博之氏(ひろゆき)