「老後は年金だけで暮らしたい」と誰もが思うもの。しかし現実は厳しく、貯蓄を取り崩しながら生活するというのが一般的です。一方、「年金の増額を狙う」という方法も。しかし、そこには思わぬ落とし穴も。みていきましょう。

なぜ70歳を超える高齢女性は工場で深夜バイトをしていたのか?

――70歳を超える女性が深夜12時に工場でアルバイトなんて

SNSの投稿主は高齢者が深夜アルバイトをしなければならない日本の実情に驚きを隠せない様子。工場火災を受けてのつぶやきに、同じようにショックを覚えた人もいたでしょう。

大手求人サイトによると、工場勤務のアルバイトの平均時給は1,283円。労働基準法第37条では、深夜時間である22時から5時の間に勤務した場合は「深夜手当」として25%以上の割増率で計算する必要があるとしています。

仮に前出の女性が深夜帯の7時間、同年代の平均的な勤務日数分、アルバイトしていたとしたら、月々16.8万円の月収。手取りにすると13万~14万円程度でしょうか。深夜帯でなければ手取りは10万~11万円程度と3万円程度の差が生じます。

たった3万円。しかし収入を得る手段が限られる高齢者にとっては、されど3万円。日中に働いたほうが楽かもしれませんが、少しでも収入を得られる深夜帯をわざわざ希望して働いていたかもしれません。

同じようにSNSのつぶやきで、日本に住む外国人は母国ではありえない日本の日常風景として、働いている高齢者が多いことを挙げていました。しかも深夜に働くなど異常だと。確かに、世界のなかでも高齢化が進む日本。お金のためというよりも、健康のため、生きがいのために働いている、という高齢者も大勢います。高齢化が日本ほど進んでいない国では、高齢者が働く姿は珍しいかもしれませんが、日本が先取りしているだけかもしれません。それでも深夜に働かなくてはいけない、というのは、少々寂しい限りです。

深夜に働かなければいけない……そこにはやはり老後生活費の不足があり、高齢者の生活困窮者の多くは単身者、そして男性よりも女性のほうが多くなっています。

2020年国勢調査』によると日本の世帯数は5583万世帯で、そのうち単身世帯は全体の38.0%を占めます。65歳以上の単身世帯は拡大が続き、高齢者5人に1人はひとり暮らし。男女別では男性は230万8,171人、女性は440万8,635人と圧倒的に女性が多くなっています。これは女性のほうが男性よりも平均寿命が長いということも大いに関係しているでしょう。

なぜ単身高齢女性が「生活困窮」に陥るのか?

しかしなぜ高齢の単身女性は貧困に陥りやすいのでしょうか。そこにあるのは、やはり年金。日本の年金は「2階建て」構造で、日本国民であれば誰もが入らなければならない国民年金と、会社員公務員が加入する厚生年金があり、厚生年金受給者は国民年金厚生年金が上乗せされた年金を手にします。国民年金の受給額は、満額支給であれば月6.4万円ほど。厚生年金の受給額は、厚生労働省の調査によると平均14万円ほどです。

現在の高齢者は、夫婦共働きはまだまだ珍しい時代。専業主婦というケースが多いでしょう。夫が会社員公務員だった場合、夫が亡くなったとしても遺族厚生年金があり、生活が困窮するという話はあまり聞くことはありません。しかし夫が自営業等の場合、遺族基礎年金は子どもの要件があり、それを満たせば遺族基礎年金を手にできます。しかし65歳以上であれば、要件を満たす子どもはいないケースがほとんど。また遺族基礎年金と老齢年金は併給することができず、どちらかを選択しなければなりません。

またパートナーのいない場合でも、女性の正社員が珍しかった時代、非正規で働いてきたというケースも多いでしょう。非正規の厚生年金への加入が緩和されたのは最近の話。そもそも基礎年金しか手にできないという人も多いのです。

厚生労働省令和3年厚生年金保険・国民年金事業の概況』によると、女性の国民年金受給者の1,800万人のうち、年金受給額月5万円に満たない人はは3割超え。また女性の厚生年金受給者500万人のうち、年金受給額(国民年金含む)10万円に満たない人が2割強います。このなかには、相当数の単身者がいることでしょう。そんな低年金で暮らしていくのは到底無理な話。70歳を超えても、深夜であっても、働かないと生きていくことさえできないのです。

――深夜に高齢者が働く異常な国

そう称される日本は、世界の国々がいずれみる光景かもしれません。高齢でも働くこと、深夜でも働くこと、そのこと自体は是正する必要はないでしょう。しかし「せざるを得ない」という状況は、解決しなければならないことではないでしょうか。

(※写真はイメージです/PIXTA)