タレント・藤本美貴(38歳)が、4月1日に自身のYouTubeチャンネルを更新。後輩の女優・金久保芽衣が明かした、コロナ禍における給与額に驚愕した。

藤本が、事務所の後輩である女優・金久保芽衣に「どうですか? 27歳。お金に不安はある?」と尋ねると、金久保は「お金に不安、めちゃめちゃあります」と答え、具体的にではなく、漠然とした不安を抱えているという。

貯金もしているが、東京の、女性の一人暮らしでセキュリティも気にしているため、家賃が「どんなに安くてもたぶん7万5000円以上はする」ため、毎月のお金の中では家賃に多くのお金が掛かっていると説明。

またコロナ禍で、出演するはずの舞台が公演中止になってお金がもらえない場合もあったため「本当にぶっちゃけると、1万8102円とかいう給与明細見ました」と話すと、藤本は「いやあ、ちょっと、それどうするのよ? 家賃払えないじゃん!」と驚愕する。

さらに藤本は、20代の頃は株のことなどあまりわかっていなかったが、最近「最近は私お年頃なのか、やっぱりそういうお仕事が多くって、このYouTubeでもファイナンシャルプランナーの人とお話する機会があったりとか、いろいろ聞いてちょっと詳しくなって、すっごい周りの人に勧めてる。『やりなー』って」と言うと、金久保は「撮影前もちょっとだけこのお金の話しましたけど、めちゃくちゃ詳しかったです」と語った。