北米時間2014年9月15日,映像技術の標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)は,DisplayPort規格の最新バージョンとなる「DisplayPort 1.3」を策定,公開した。従来規格比で1.5倍の帯域幅を実現することにより,解像度5120×2880ドット/60Hzの“5K”表示をサポートするのが最大の特徴だ。


 第1世代の「DisplayPort 1.x」は,1レーンあたり2.7Gbpsの帯域幅で,それを4レーン束ねたものになっていたが,現行の「DisplayPort 1.2」ではレーンあたりの帯域幅が2倍の5.4Gbpsとなり,4レーン全体では21.6Gbpsとなった。それにより,解像度3840×2160ドット/60Hz映像の伝送が可能になったというのは,体験的に知っている読者も多いだろう。
 今回のDisplayPortでは,レーンあたりの帯域幅が8.1Gbps,4レーン合計で32.4Gbpsまで広がったことにより,5120×2880ドット/60Hzをサポートできるようになったわけだ。また,4Kの3840×2160ドットであれば2台のデイジーチェーン接続が可能なので,理論上は4K/120Hz表示にも対応できる計算となる。


 HDMI 2.0とHDCP 2.2のサポートは,DisplayPort 1.3でも継続。要は,変換ケーブル経由でDisplayPort出力をHDMI入力につなげるといった使い方は今後も行えるということだ。色差信号「YCbCr=4:2:0」による“間引き”によって8K出力もサポートしているというのも,次世代テレビを考えると重要なポイントだろう。

 なお,現在のところ,DisplayPort 1.3対応機器がいつごろ登場するかは明らかになっていない。ただ,PC業界はDisplayPortの対応に積極的なので,そう遠くない将来には,対応ディスプレイグラフィックスカードが登場するのではなかろうか。

リンクVESAによる当該プレスリリース(英語)


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/999/G999902/20140916012/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2014 Aetas, Inc. All rights reserved.

VESA,5120×2880ドットの“5K”解像度に対応する「DisplayPort 1.3」を策定