デル・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ、URL:https://www.dell.com/ja-jp )は、「Dell APEX Data Storage Services(https://www.dell.com/ja-jp/dt/apex/storage/data-storage-services/index.htm )」に、新たにバックアップ ストレージ オプションを追加したことを発表しました。これにより、サブスクリプションモデルで、セキュアなバックアップ ストレージを提供します。

デル・テクノロジーズは、エンタープライズ ストレージ ポートフォリオをas-a-Serviceとして提供する「Dell APEX Data Storage Services」を2022年7月から国内でも提供しています。(https://www.dell.com/ja-jp/dt/corporate/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~japan~2022~07~20220714-1.htm#/filter-on/Country:ja-jp )お客様は、使用したストレージ容量の料金を支払いながら、デル・テクノロジーズが保有して管理するインフラストラクチャーを基盤に、必要なサービス レベルでスケールアップすることができます。また、お客様とパートナーは、デル・テクノロジーズが管理するオプションとお客様が管理するオプションの両方を活用することで、日々の管理業務を誰が行うのかを柔軟に設定することができます。

このたび「Dell APEX Data Storage Services」ポートフォリオに追加した「Dell APEX Data Storage Services Backup Target(https://www.dell.com/ja-jp/dt/apex/storage/data-storage-services/backup-storage.htm )」(以下、Backup Target)は、お客様が管理するオプションとして提供されます。お客様は、従量課金制の柔軟な消費モデルで安全なバックアップ ストレージを利用でき、バックアップ ストレージの購入、導入、保守管理のプロセスを合理化できます。「Backup Target」は、データ保護アプライアンスとソフトウェアを基盤に、ストレージの省スペース化を実現しながら、データの可用性を高めます。

Dell APEX Data Storage Services」の機能
Dell APEX Data Storage Services」は、「File」「Block」「Backup Target」の複数のパフォーマンス層から選択し、1~5年の期間で導入することができます。サブスクリプション オプションは、これまで1年または3年でしたが、1年単位で5年まで選択できるようになりました。データ ストレージ リソースの設定と管理は、お客様自身によるas-a-Serviceおよびマルチクラウド環境の管理・調整を可能にする統合プラットフォーム「Dell APEX Console(https://www.dell.com/ja-jp/dt/apex/console.htm#tab0=0 )」を使って簡単に行うことができます。お客様は容量、パフォーマンス、利用料金をリアルタイムで監視できるとともに、必要に応じてサブスクリプションを更新できます。

# # #

デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

(C) Copyright 2023 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

配信元企業:デル・テクノロジーズ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ