NetEase Gamesは5月29日(月)、エンターテイメントプロデュース会社・株式会社ピンクル(以下、ピンクル)を設立したことを発表した。

 ピンクルでは、スクウェア・エニックスドラゴンクエストシリーズのプロデューサーを務めた市村龍太郎氏が代表取締役を担う。

 同氏はドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人などのゲームをはじめ、アニメドラゴンクエスト ダイの大冒険や「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」におけるライブスペクタクルツアーといったエンターテイメント全般のプロデュースを担当してきた。

 またピンクルの取締役には、エポック社ドラえもん、株式会社オリエンタルランドダッフィースクウェア・エニックスで『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』などのブランディングやマーケティング、新規事業開発、オンラインビジネスの事業戦略等を務めてきた小倉隆史氏が就任する。

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立2

 同社はエンターテイメントプロデュース会社として家庭用ゲーム機向けタイトルの開発を主軸にしつつ、さまざまなエンターテイメント領域における企画やプロデュースを実践し、世界中のユーザーに良質な体験を提供していく構えだ。

 代表取締役社長・市村龍太郎氏のコメントによれば、同社は「ピン!とくる発想力で、世界を楽しく!」を企業理念とし、会社名も「ピン!とくる」から名づけたものだという。他にはない“ユニークさ”にこだわり、自由な発想力から生み出される新しい発明を企画に入れ込み、世界中の人たちを楽しませたいと抱負を語った。

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立3
市村 龍太郎

 本件に関する詳細については、以下のリリースも参照されたい。

株式会社ピンクルの公式サイトはこちら株式会社ピンクルの公式Twitterアカウントはこちら

プレスリリースの全文は以下のとおり。


NetEase Gamesが世界に向けた作品を生み出すエンターテインメントプロデュース会社 株式会社ピンクルを設立

代表取締役社長には「ドラゴンクエスト」シリーズのプロデューサーとして、多くのコンテンツを世に生み出してきた市村 龍太郎氏が就任

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立1

NetEase Gamesは本日、自社ゲーム部門のNetEase Gamesによる出資のもと、日本から世界中のユーザーに向けてオリジナル作品を届けるエンターテイメントプロデュース会社、株式会社ピンクルを設立したことを発表しました。

株式会社ピンクルは、ゲーム、映像、ライブイベント、キャラクタービジネスなどのエンターテイメント領域における経験豊富なプロフェッショナルが集結しています。
代表取締役社長には、株式会社スクウェア・エニックスで『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』、『ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人』、『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』、『超速変形ジェイロゼッター』、『星のドラゴンクエスト』などのゲームのみならず、アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』、『ドラゴンクエスト30周年プロジェクト』における“ライブスペクタクルツアー(ライブエンターテイメント)”、“ドラゴンクエスト・ザ・リアル(ユニバーサルスタジオジャパン)”、“ドラゴンクエスト 竜王迷宮からの脱出(リアル脱出ゲーム)”、“ドラゴンクエスト ミュージアム(展示イベント)”など、エンターテインメント全般のプロデューサーを務めてきた市村 龍太郎氏が就任しました。
また取締役には、株式会社エポック社で『ドラえもん』、株式会社オリエンタルランドで『ダッフィー』、株式会社スクウェア・エニックスで『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』などのブランディングやマーケティング、新規事業開発やオンラインビジネスの事業戦略などを務めてきた小倉 隆史氏が就任します。

株式会社ピンクルは、エンターテイメントプロデュース会社として、家庭用ゲーム機向けタイトルの開発を主軸にしつつも、これまでの多彩な経験を生かして、様々なエンターテイメント領域においての企画・プロデュースを実践し、世界中のユーザーに向けて良質なエンターテインメント体験を提供していく予定です。

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立2
元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立4

■ 株式会社ピンクル代表取締役社長 市村 龍太郎氏のコメント

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立3
市村 龍太郎
元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立5

『ピン!とくる発想力で、世界を楽しく!』を企業理念に、会社名も『ピン!とくる』から『ピンクル』と名付けました。英語名は『PinCool』とし、『Cool』を入れて表現しました。
こだわりたいのは、他にはない『ユニークさ』。自由な発想力から生み出される、新しい発明を企画に入れ込んで、世界中のひとたちを楽しませたいと考えています。

ゲーム開発においては、大規模タイトルを進行させつつも、プロデューサーとしてユーザーの皆様と接する頻度を高く維持すべく発売までのサイクルの短いお手軽なタイトルもリリースしたいと思っています。これからの、ピンクルの大冒険に期待していてください!応援よろしくお願いします!

■ NetEase Gamesからのメッセージ (NetEase Gamesグローバル提携&投資部門最高責任者Simon Zhu)

元『ドラクエ』プロデューサー・市村龍太郎氏が新会社「ピンクル」を設立6

「没入度の高いゲーミング体験の創造に情熱を注ぐ企業として、市村さんがドラゴンクエストシリーズで果たしてきた役割が如何に大きなものであったかを理解しています。彼の品質に対する強いコミットメントと、革新的なゲーム体験への挑戦が、ドラゴンクエストが長期間に渡り支持されるフランチャイズとなっている理由の1つだと信じています。彼のRPGのジャンルを形作ってきた経験、また世界中の多くのゲーム開発者に刺激を与えてきた実績を思うと、今回NetEase Gamesに参画しピンクルを旗揚げした市村さんの今後の活躍が非常に楽しみです。ピンクルが今後も革新的なアイデアを探求し続け、ファンのために忘れられないゲーム体験を生み出し続けられるような環境を共に作り出すことにNetEase Gamesはコミットしていきます。」

■ 株式会社ピンクルについて

株式会社ピンクルは、2023年5月に東京にて設立されたNetEase Gamesの100%出資によるエンターテイメントプロデュース会社です。家庭用ゲーム機向けタイトルの開発を主軸に、ゲームの企画・プロデュース、エンターテイメント事業の展開・コンサルティングを行います。
公式Website:www.pincool.co.jp
公式Twitter:https://twitter.com/PinCool_info

NetEase Gamesについて

NetEase, Inc. (NASDAQ: NTES, HKEX: 9999)のゲーム事業部門であるNetEase Gamesは、様々なジャンルやプラットフォームでビデオゲームIPを提供する世界有数のパブリッシャーおよびデベロッパーです。NetEase Gamesのパブリッシングおよび開発タイトルには、「ハリーポッター:魔法の覚醒」「荒野行動」「第五人格」「NARAKA: BLADEPOINT」などのタイトルがあります。また、ワーナーブラザーズMojang AB(マイクロソフト子会社)など、大手エンターテインメントブランドとの提携も行っています。NetEase Gamesは、世界中のゲームファンの皆様に革新的なゲーム体験をお届けする為に国際的なスタジオへのサポートを強化し、日本のグラスホッパー・マニファクチュア、名越スタジオ、GPTRACK50、米国のJar of SparksJackalope Games、フランスのQuantic Dreamなどのトップ開発チームとコラボレーションしています。詳細については、https://www.neteasegames.com/jp/をご覧ください。

株式会社ピンクルの公式サイトはこちら