1日2杯お茶を飲むことで、記憶力が保たれることがわかった。

フラバノールといった天然に存在する化学物質が脳の力を向上させ、思い出す力が増すそうで、紅茶、白茶などお茶の種類は問わないという。

65歳以上の3500人を対象に、リンゴベリー類にも含まれているフラバノールの効果について調べた今回の研究。2杯に相当する500ミリグラムのフラバノールを摂取したグループとプラシーボのグループ、それぞれの記憶力について3年にわたる調査を実施したところ、最終的なスコアはフラバノールのグループが平均よりも10.5%記憶力が高くなる結果となった。

レディング大学のギュンターキューネ教授は、フラバノール摂取量を上げるにはお茶を飲むことが最も簡単な方法だとしてこう話している。

「多くの人にとって2杯で十分な量と言えます。お茶であれば、ミルクを入れるかどうかは関係ありません。フラバノールの摂取にそれは影響がありませんから」