6月1日(木)、公表前のスクウェア・エニックスの情報を用いたインサイダー取引で金融商品取引法違反の罪に問われている中裕司被告の第3回公判が東京地裁で開かれ、検察側は懲役2年6ヶ月と罰金250万円、追徴金1億7000万円あまりを求刑した。

スクウェア・エニックスのインサイダー取引事件で検察が中裕司被告に懲役2年6ヶ月と罰金250万円、追徴金1億7000万円あまりを求_001
(画像はTwitter「Yuji Naka / 中 裕司(@nakayuji)」より)

 スクウェア・エニックスの元社員である中被告は2020年以降、Aimingと共同開発していたタクティカルRPG『ドラゴンクエストタクト』や、エイチームと共同開発していたバトルロイヤル型アクションゲーム『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』の公表前情報をもとに、各企業の株を買い付けた罪に問われている。中被告は2023年3月の初公判ですでに起訴内容を認めており、今回の公判では量刑が争点となっている。

 公判のなかで検察側は「一般の投資家より格段に有利な立場で不正な利益を得て、市場の公正性を損なった」と主張している。一方、弁護側は「積極的にインサイダー情報を閲覧したわけではない」として執行猶予および罰金・追徴金の減額を求めた。

スクウェア・エニックスのインサイダー取引事件で検察が中裕司被告に懲役2年6ヶ月と罰金250万円、追徴金1億7000万円あまりを求_002
(画像はGoogle Play『ドラゴンクエストタクト』より)

 中被告は1984年から2006年にかけてセガへ所属しており、同社の代表作『ソニックシリーズ』における開発の中心人物として活躍。ファンの間では同シリーズを世界へ送り出した“生みの親”とも称されていた。

 しかし、自身の設立した株式会社プロペでの活動を経て、アクションゲーム『バランワンダーワールド』の開発ディレクターとしてスクウェア・エニックスに移籍した2018年からは状況が一変。2022年4月には公表禁止の業務命令に関する失効の確認を含めて「発売の半年前にディレクターを外された」とする不当解雇の民事訴訟をスクウェア・エニックス側に提起している。