パブリッシャーのTeam17は6月2日、深夜ラジオ番組の司会者としてリスナーを助けるホラーアドベンチャーゲームKiller Frequencyを発売した。

 対応プラットフォームはPC(Steam、Microsoft Store)、PS5PS4、Nintendo Switch、Xbox Series X|S/Xbox One、Meta Quest 2となっている。

 価格はプラットフォームごとに異なるが、Steamストアでは2800円、Nintendo Switchは3270円となっており、Meta Quest 2以外の各プラットフォームでは約2週間の間20%オフで購入できるセールが実施されている。

『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_001
(画像はSteam :Killer Frequencyより)

 『Killer Frequency』は深夜ラジオ番組の司会者Forrest Nashとして、謎の殺人鬼に追われたリスナーたちを助ける1人称視点のホラーアドベンチャーゲームだ。

 物語の舞台はアメリカ中西部の町Gallows CreekのKFAMラジオ局で、プレイヤーはリアルタイム殺人鬼に追われているリスナーからの電話に対応し、殺人鬼の脅威から救うこととなる。シリアスなホラーというよりは、コメディ調のホラー作品となる。

 作中の時代設定は1980年代であり、作中ではクラシックロックインスパイアされた楽曲やシンセウェーブの名曲などが収録され、当時のアメリカ中西部のムードも味わえそうだ。

『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_002 『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_003 『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_004 『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_005

(画像はSteam :Killer Frequencyより)

 ゲームプレイはリスナーからの電話に回答したり、自身のラジオ局を探索することをベースとしている。リスナーとの会話は選択肢によって分岐するほか、遭遇する町の住人のなかには容疑者も含まれているようだ。

 また、探索できるラジオ局は1平方キロメートルにおよぶ3Dのマップとなっており、カセットテープやレコードプレイヤーなど、物理法則に基づいて多くのオブジェクトを操作できる。会話と探索、謎解きにより、ラジオDJとして大事なリスナーを助けよう。

『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_006 『Killer Frequency』が配信開始。ラジオDJホラーゲーム_007

(画像はSteam :Killer Frequencyより)

 上記のほか、本作はMeta Quest 2、Meta Quest ProにおいてはVRでプレイできるため、より没入感のあるラジオDJを楽しみたい方はMeta Quest 2版を購入しよう。

Steam版『Killer Frequency』はこちらPS版『Killer Frequency』はこちらXbox版『Killer Frequency』はこちらNintendo Switch版『Killer Frequency』はこちらOculus Quest 2版『Killer Frequency』はこちら