スクウェア・エニックス6月2日(金)、同社が展開するファイナルファンタジーVII リメイク三部作プロジェクトの公式Twitterアカウント(@FFVIIR_CLOUD)を通じて、2作目にあたるタイトルファイナルファンタジーVII リバース』の制作進捗について「発売時期を調整中」とする北瀬佳範プロデューサーのコメントを伝えた。

※2022年6月公開のアナウンスメントトレーラー

 『ファイナルファンタジーVII REBIRTH』は、1997年に登場したプレイステーション用ソフトファイナルファンタジーVIIのフルリメイク版にあたる三部作プロジェクトの第2作。2020年に登場した第1作『ファイナルファンタジーVII リメイク』と追加要素を含めたファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』では、全体の10%から15%にあたる「ミッドガル脱出」までの内容が描かれていた。

 今作が発表された2022年6月の時点ではPS5用タイトルとして「2023年冬」の発売予定としていたが、今回の回答で北瀬氏は開発の進捗について「順調に進行中です」と回答しており、最適な発売のタイミングをうかがっているようだ。なお、発表のツイートには「開発者コメント①」と記されており、後日追加のアナウンスが出される可能性もあるため、新たな続報を待ちたい。

『ファイナルファンタジーVII リバース』の開発は「順調に進行中」_001
(画像はYouTube「FINAL FANTASY VII 25th ANNIVERSARY CELEBRATION」より)
『ファイナルファンタジーVII リバース』公式ティザーサイトはこちら『ファイナルファンタジーVII リメイク』プロジェクト公式Twitterアカウント(@FFVIIR_CLOUD)はこちら