カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 愛するペットとの出会いには、人それぞれいろんなきっかけがあると思う。アンナさんと言う女性の場合、家の外をうろついていた野良猫に餌をやったのがすべての始まりだった。

 その後、毎日彼女の窓際を訪れるようになった野良猫。いつしか彼女とその猫の間には、切っても切れない絆が結ばれていたんだ。

Stray Cat Paws At The Window Every Day Until Lady Adopts Him | The Dodo

 ある時期のこと、アンナさんは自宅の外をうろついている野良猫を目にするようになった。その猫はとても警戒心が強く、最初のうちアンナさんは、近くに寄ることもできなかった。

 だがある時、アンナさんがその猫に餌をやったところ、それに味を占めたのかアンナさんはいい人だと悟ったのか、アンナさんの家の窓際に毎日やって来るように。

20230603_152449_batch

「お腹が空いたニャ!」と、ご飯をおねだりする猫。アンナさんはこの猫に「バート」という名前をつけて、毎日餌をやるようになったんだよ。

 しかしアンナさんの家にはすでに先住の猫の他、一時預かりをしている猫たちがいて、バートをすぐに家に入れることはできなかったんだ。

20230603_152449 (3)_batch

 最初の出会いから4か月が経ったころ、バートはアンナさんや彼女のルームメイトが身体に触れるのを許してくれた。

 バートはすぐに、アンナさんたちにモフってもらう心地好さに病みつきになったらしい。ほどなくしてアンナさんの膝の上でお昼寝までするようになったバート。そのときアンナさんは思った。もう、バートをこのままにはしておけないと。

20230603_152449 (6)_batch

 そこでアンナさんはバートの身柄を確保。初めて入る家の中、最初は不安そうにしていたバートだったが、アンナさんという信頼できるニンゲンが傍にいることを悟ると、すっかり安心したようだ。

20230603_152449 (8)_batch

 家猫になったバートはオモチャで遊ぶのが大好き。そしていつもアンナさんに寄り添っている、ヤンチャで甘えん坊な猫になった。「バートは私の行くところならどこにでもついて来るのよ」と、目を細めて語るアンナさん。

 バートが常に彼女の横で寛ぎ、ハッピーに暮らしていてくれることが、アンナさんにとっては最高の贈り物だったようだ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

窓際に毎日やって来る野良猫「ここを開けて、ボクを撫でて!」そしてやがて家猫へ