「消防車のままスーパーや飲食店を利用していた」

「警察官がコンビニを利用していた」

食事や休憩を取ることは自然なことであり、職務怠慢とはみなされそうにないものの、これらは実際に寄せられた苦情の一部。

こうした理不尽な苦情やクレームの報告はたびたび寄せられ、その内容が議論の的になることがあります。

高速バス運転士として働く@HWBDChubuさんは、理不尽な苦情が入ることはバス業界でもあるといい、実際に寄せられた内容をTwitterに投稿しました。

バスの運転士に寄せられたクレームに「理由を具体的に説明しろや!」

投稿者さんが紹介したのは、バスの運転士が休憩中にとった行動に対して寄せられた苦情で、「サービスエリアでカレーライスを食べている」というもの。

自身もまた、バスの運転士として働く投稿者さんは、「休憩中にカレーを食べてはいけない理由を具体的に説明しろや!」と、苦情の内容に憤りを覚えずにはいられませんでした。

時に、運転士は何時間も運転し続けなければならず、乗客の安全のためにも休憩は必要不可欠です。

運転士という立場を理由に、乗客と同じサービスエリアの利用が制限されるのだとしたら、そのルールそのものに疑問を感じずにはいられません。

休憩時にサービスエリアで食事をしていた運転士を擁護する声は多く、「なんでや?」「正当な食事休憩だろ」とコメントが相次いで寄せられています。

・運転士も人間なので、休憩中に食事をしても一向に構わないと自分は思います。世知辛い世の中ですね。負けずに頑張ってください。

・え、さすがにネタでしょ?こんなことを本気でいってくる人がいるの?

・会社側が毅然と「それは決して問題ないことです!」と伝えて、周知してほしいですね。

理不尽な苦情やクレームにより、もしも休憩中の行動にまで制限が設けられるようであれば、もはやそれは「休憩」と呼べるのでしょうか。

バス業界に限らず、おかしいものは「おかしい」と毅然とした態度を取ることが求められます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@HWBDChubu
※写真はイメージ