医師になることを夢見ていたイギリスの女性は現在、自分の身体から出たものを販売して大金を稼いでいる。女性は通っていた大学の医学部を退学し、現在では裕福な生活を送っているという。米ニュースサイト『New York Post』などが伝えている。

イギリス在住のラティーシャ・ジョーンズさん(Latiesha Jones、22)は、自分の唾液や爪などをネット上で販売し、生計を立てている。TikTokでは、依頼の際に受けたメッセージのやり取りや実際に唾液をボトルに移す様子などを公開している。

ジョーンズさんが受ける依頼には、1週間使用したベッドシーツ、汗で汚れたスポーツウェア、入浴後のお湯、使用済みの歯ブラシ、歯磨きの際のツバなどがあり、彼女によると「何でも思いつくものは、欲しがる人がいます」とのことだ。特に唾液に対するリクエストが多く、週に数回は販売するという。

ジョーンズさんは、唾液の販売価格について「ある程度の交渉はしますが、200ポンド(約3万4000円)以下では売りません」と説明する。最も高く売れた金額は1500ポンド(約25万8000円)で、購入者は喜んで支払ってくれたという。

現在のジョーンズさんは100ポンド(約1万7000円)以下の依頼は受けず、通常は一日に3件の取引をこなしている。顧客からのリクエストだけで、週に3000~5000ポンド(約51万7000~86万2000円)を稼ぐことができるそうだ。

裕福な生活を送るジョーンズさんだが、この仕事を始める前は経済的に困難な日々が続いた。ジョーンズさんは幼い頃から医師になりたいという夢を持っていたため、大学で生物医学を学び始めたが、アルバイトに明け暮れる日々を送っていたという。当時はマンチェスターにあるスーパーマーケット「Tesco」でアルバイトをしていたが、十分な生活費を稼ぐことができなかった。そのため副業として自身のファンにコンテンツを提供することができるソーシャルメディアサービス「OnlyFans」を始めたそうだ。

当初はOnlyFansであらゆるものを欲しがるユーザーからの奇妙なリクエストに、ジョーンズさんは困惑した。唾液の販売の依頼を初めて受けた時のことについて、ジョーンズさんはこのように明かしている。

「最初は冗談だと思ったし、まさか本気じゃないだろうと思いましたね。300ポンド(約5万2000円)を要求しましたが、それは私が思いついた最も高い金額だったのです。そして依頼主は私の銀行口座の詳細を尋ねて、支払ってくれました。こんなに簡単なことだとは信じられませんでした。」

大金を稼ぐようになったジョーンズさんは、スーパーマーケットでのアルバイトを辞め、大学の医学部も2年生で中退し、本業として唾液を売るようになった。ジョーンズさんはこの需要の高さに驚き、「もうTescoで働いたり、大学に行ったりする意味がなくなってしまったのです。人生で見たこともないようなお金を稼いだのですから。Tescoで棚を積み上げたり、商品をスキャンしたりするのとは大違いです」と話している。

そんなジョーンズさんは、自身の借金1万1000ポンド(約191万円)をすでに完済した。それだけでなく母親の借金を肩代わりし、また双子の妹のために馬を購入。さらに現金で家を購入したことがあり、現在は2軒目の購入も視野に入れているそうだ。

現在の仕事について「この仕事が私のキャリアになるとは思ってもいませんでしたが、結果的によかったです。仕事が大好きです。貧困を経験した私にとって、自由とお金は大きな存在です」とジョーンズさんは語っており、彼女のボーイフレンドなど「周りの人はみんな応援してくれている」という。しかしジョーンズさんの母親は納得しておらず、今では口をきいていないとのことだ。

ちなみにジョーンズさんのTikTokには「(ジョーンズさんのような)人生を送りたい」、「私もこのビジネスをやりたい。やり方を教えて」という声が多数寄せられているが、世間からは「なんてこった、愚か者は何でもするんだな…」、「お金を払って唾を買う人たちがいるなんて、悲しい世の中になったものだ」といった批判的なコメントがあがっている。

画像は『The Mirror 2023年5月22日付「‘I earn £40k a month selling bottles of spit – I’ve paid off debt and bought a flat’」(Image: Caters News Agency)』『L A T I E S H A 2023年5月10日付TikTok「Just a day in my life」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 H.R.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト