画像はイメージ

画像はイメージ

自分は好き勝手に休暇を取るのに、部下にはネチネチと理由を聞きだし有休を取らせない――。そんな上司は嫌われるものの、意外と社内で幅を効かせたまま居続けるのだから理不尽な話だ。東京都に住む30代後半の女性(医療・福祉・介護/年収500万円)から、驚きの「職場の理不尽過ぎるエピソード」が届いた。

「見た目が悪くなるから土日にくっつけて月曜や金曜日を休みにして三連休はとっちゃダメだと、上司から言われています。しかし、同じ部署でもそれを言えない人には言わないし、上司も金曜日休んだりして三連休取っています。誰への見た目なのかも不明です」

こう不満を訴える女性。有休は労働者の権利なので、上司が制限していいはずはないのだが……。

「上司は休暇申請もなしに勝手に早退したり、遅刻してきたり」

その上司はかなり自分勝手な働き方ができる立場のようだ。一方、部下の働き方にはこんな風に圧をかけている。

「有給は必ず上司へ理由を言わないと取らせてもらえません。言わないとわざわざ聞いてきます。病院の受診のためと言っても、何科なのか、何時からなのか、職員みんなの前で確認されます。もちろん緊急で追加検査が必要になり次の日も休暇をお願いしたら、だめと断られました。仕事は全く暇な日でしたけども」

仕事に支障がないにも関わらず、受診のためでも休みを認めない、同僚の前で個人情報を晒されるなどひどい話だ。また「まだタイムカードがない頃」は、もっとひどかったことを振り返る。

「上司は休暇申請もなしに勝手に早退したり、遅刻してきたりしていました。もちろん部下の私は何も知らされず、いつ来ているかも不明状態」
「休暇申請状態を事務に確認してももちろん申請なしなので、有給を上司は取っていないことになっていました」

事務へは上司が「休暇が取れない、忙しい」と自分で言っていたというから、卑怯にも程がある。ただ、いまも上司は自由気ままに職場を不在にするようだ。

「いつ来ているのか不明なので、休暇を取る日は教えてほしいと上司に希望を伝えましたが、『お前に知らせる必要はない、お前は知らなくていい』と言われています」
「上司あての連絡が来ることがあるので勤務しているのかどうかわからないのは非常に困っています」

上司は自分のやり方を変える気はないらしい。女性の不満は募る一方のようで

「昼休みも自由には取らせてもらえず、休憩場所も指定されています。上司は好き勝手な場所や時間で休憩してます。そもそも上司は日常業務をやらず寝てるかネットを見ているかなので、毎日休暇のようなものですが」

と怒り心頭の様子で綴った。

キャリコネニュースでは「職場の理不尽すぎるエピソード」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/G1TWHA4M

納得できるか!「三連休は取っちゃダメ」と部下に指示する上司、自分はしっかり三連休