日本の子供たちにとって、定番の習い事といえば、水泳やピアノ、体操、サッカー、学習塾などですよね。フランスはというと…そのラインナップはかなり異なるんです。
運動系から芸術系まで種類が豊富で低価格、フランスの子供達の習い事事情を紹介します。


フランスの子供たちはいつ習い事をする?

フランスの子供たちは、平日は夕方16時頃まで学校で過ごしますが、水曜日は一日休みか、あるとしてもお昼まで、という生活を送っています。平日の夜や休日に習い事へ行く子もいますが、時間がたっぷりある水曜日に習い事をする子供が多いようです。
また、フランスの学校にはバカンスというものがあって、ひとつの学期の中間あたりに2週間のお休みがあります。このバカンス中にも、短期の習い事がいくつも用意されます。運動系から芸術系まで、幅広い習い事の中から興味のあるものを選んで、お試し感覚で体験できるといううれしいシステムです。
かかる費用は収入に応じて変わりますが、習い事の多くは自治体や公的な機関が主催しているので、日本と比べてリーズナブルなものが多いです。ラインナップが豊富な上に低価格とあって、人気のプログラムは受講申し込みが始まった途端に定員に達してしまうこともよくあります。


フランスの子供たちに人気の習い事「クライミング」

フランスでは定番中の定番!多くの子供が遊びや習い事で一度は体験したことがあるんじゃないでしょうか。クライミング施設もたくさんあって、大人にも子供にも人気のスポーツです。
子供が遊べるようにと、マラソン大会やお祭りなどのイベント会場に設置されているのもよく見かけますよ。


フランスの子供たちに人気の習い事「ローラーブレード」

こちらも大人にも子供にも大人気。私の住む街で年に一度開かれるマラソン大会では、ランニング部門の他に、ローラーブレード部門もあるほど盛んなスポーツです。
私の住んでいる街にはローラーブレードとスケートボード専用の大きな室内施設があります。用具はすべて貸してくれるので、持っていなくても手軽に始められます。


フランスの子供たちに人気の習い事「乗馬」

日本では月謝が高く敷居が高い、というイメージがありますが、フランスでは定番の習い事の一つです。
ブラッシングなどのお世話から始まり、道具の装着、乗馬の方法を教えてもらいます。身体の小さい子供でもポニーに乗ることができるので、4歳くらいから習うことができます。慣れてくると、動き出す合図の出し方や、右や左へ曲がる方法などを徐々に学びます。
私の娘たちもバカンス中に体験しました。毎日同じ馬に乗るので愛着が湧くようで、レッスンの最終日には別れを惜しんでいました。


フランスの子供たちに人気の習い事「楽器」

幼稚園児から美術館へ見学に行ったり、街中ではアートや音楽の無料イベントがたくさん開催されていたりと、フランスでは芸術教育が盛んです。
楽器の習い事といえば、まずピアノが思い浮かびますが、ヴァイオリンやギターなどの弦楽器、フルートなどの木管楽器、トランペットなどの金管楽器など、あらゆる楽器を習うことできます。レッスン料は日本と比べると安く、楽器を持っていなくてもレンタルが可能なので、気負わず始められますよ。
私の娘は弦楽器を習っています。私が幼い頃は弦楽器に馴染みがなかったので、好きな楽器を自由に選んで始められる環境がうらやましいですね。

この他には、体操教室に近い「サーカス」も人気で、予約がすぐに埋まってしまうほど。一度施設を見学したことがありますが、空中ブランコなどのサーカス設備が整っていてかなり本格的でしたよ。
また、フランスの国技でもある「フェンシング」も習うことができます。幼い子どもは危なくないプラスチック製の剣を持って指導を受けます。
この他にもバレエ、テニス、演劇、アーチェリーなどなど本当にバリエーションが豊かです。
日本では聞き慣れない習い事がたくさんある一方、学習塾のような勉強がメインの習い事はあまりないようです。通信教育や学習塾が盛んな日本とは大きく違うのがおもしろいですね。

春からの新生活にもそろそろ慣れてきて、ご自身やお子さんの習い事を探している方も多いのではないでしょうか。どんなことでもまずは体験してみることが一番だと思います。無料体験や短期教室を開催しているところも多いので、気になっている習い事があればぜひ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。今まで気が付かなかった新たな一面を発見できるかも?

フランスの子供達に人気の習い事とは?日本とはちがう驚きのラインナップ