10月11日の早朝、カナダトロントで撮影中の「バイオハザード5」でゾンビ役のエキストラ16人が怪我を負う事故が発生していたことがわかった。

【関連写真】「バイオハザード5」やっぱりジル・バレンタイン登場!降板したはずのS・ギロリーがツイート

 事故が起きたのは「バイオハザード」第5作目となる「Resident Evil:Retribution(原題)」を撮影中のシネスペースフィルムスタジオ(Cinespace Film Studios)内に建てられたセット。稼働式の台が地面に倒れ込み、ゾンビ役のエキストラと撮影スタッフ4人が負傷した。

 すぐに救急隊が現場に到着したが、負傷した俳優たちは皆、血まみれのゾンビの衣裳や特殊メイクを施していたため、怪我の程度を把握するのが困難だったという。その後、10人が地元の病院に搬送されたが、警察の発表によると幸いにも命に係わるような重傷者は出なかった。同作ではファンからゾンビ役を募っていたが、採用者が今回の事故に巻き込まれたかどうかは不明。

 「Resident Evil:Retribution」では、エイダ・ウォン役に「ドラゴンキングダム」(08)、「1911」(11月5日公開)の美人女優で、ロンドンオリンピックイメージ大使も務めるリー・ビンビンが決定したというニュースが報じられたばかりだった。同作にはエイダの他にもゲームキャラクターからレオン・S・ケネディ、バリー・バートンも登場するとのこと。

ゾンビの皆さん、大事に至らなくて何よりでした (C)AFLO