映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」でパーちん役を演じている俳優・堀家一希が、6月24日に放送されたバラエティ番組「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)に出演。ものまねを連発した。

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」チームの一員として、同番組に出演した堀家は、チームのメンバーと共にドッキリゲーム「ボムマジ爆発」に挑戦。「ボムマジ爆発」は、言いにくいフレーズを全員で5周言えればクリア、3回のチャンスでクリアできない場合スタジオ内の爆弾が即爆発という連帯責任ゲームだ。

堀家は、今年4月に放送された同番組に初出演した際にも、同じゲームに挑戦していた。ゲーム開始時は早口言葉に苦戦していたが、俳優・武田鉄矢のものまねをしながら早口言葉を言うと失敗しない(!?)こと発見し、その後は大活躍。早口言葉もさることながら、高いクオリティのものまねに、共演者やVTRを見るスタジオ出演者も大爆笑に包まれた。

そして今回、映画「東京リベンジャーズ2」チームがこのゲームに再挑戦。この日、「映画の取材」という嘘で集められたのは、堀家一希、山田裕貴間宮祥太朗、田中偉登。案内された先には仕掛け人・小木博明と共に特設セットが組まれており、「ボムマジリベンジャーズ」に挑むことになった。

まず、一回目のゲームでクリアをするべく、山田と堀家は成功率の高い「ものまねバージョン」でゲームに挑戦するが、山田と堀家が立て続けに失敗する展開に。前回の放送を知っているスタジオの小池栄子からは、「やっぱりこの二人だ!」と言われる始末だ。その後、4人で作戦を練り直し立て直しを図るが、田中が3ミス目をしてしまい、ボムが爆発してしまう。

しかし、前回放送同様、仕掛け人・小木博明との“握手”によるタイムリープによってゲームがリセットされ、ゲームに再挑戦することになった「東京リベンジャーズ2」チーム。山田と堀家が新しいものまねでの挑戦をするなど試行錯誤するが、なかなか良い流れにのらず、堀家の独特なカエルのものまねに、チームが乱れてしまう。

そこで最終ゲームの作戦は、4人全員が同じ「怒りながら言ってみる」という方法で挑戦。初めて4周目まで進み、クリア目前までとなるが、最後は間宮が噛んでしまいゲーム失敗、ボムが大爆発となった。

東京リベンジャーズ2」チーム4人は残念ながら今回もゲームをクリアすることはできなかったが、SNSでは「堀家一希くん面白すぎ」「かずきくんの金八先生やばい」など、今回も堀家の独特なものまねが視聴者に強烈なインパクトを与えた。