就活生に対し「装で立とうとしてはいけない」とクギを刺す記事が、10月28日開された。筆者は「東洋経済HRオンライン」の田宮寛之編集長。記事では、

リクルートスーツでなければいけないのですか」

という質問に、田宮氏は「と決まっているわけではありません」と答え、以外にも濃グレーでも問題ないとしながらも、ストライプの入ったスーツは「やめた方が難です」と警告する。記事タイトルには「リクルートスーツは、『系』を選べ!」とある。

ビジネスではか濃では?」の摘も

理由はこうだ。ストライプのスーツを見た面接官の反応は「プラス評価」「プラスともマイナスとも評価しない」「マイナス評価」の3つが考えられるという。どのケースが多いかは「調したことがないのでわかりません」とするが、各ケースを3分の1ずつと仮定すると、3分の1の確率で「マイナス評価」されるリスクがあるというのだ。

一方、地のスーツは「プラスでもマイナスでもなくニュートラル」なので心配はなく、ブレザーもストライプと同様に避けた方がいいらしい。

これに対して、なぜストライプにだけがリスクがあるのか、スーツリスクゼロなのか、リスクを3分の1ずつと仮定する理由が分からないなど、「スーツ」という結論ありきのような考察に首を傾げる読者が続出した。

「その理屈なら明日富士山が噴火する確率50になるな」

社会人スーツを着ることは、通常は冠婚葬祭以外にはない。「パーティーじゃないんだからビジネスではか濃では?」と疑問を呈したり、「お祈りしたり着たり、就活はお葬式に似てる」と揶揄したりするツイートがあった。

現状ではスーツを着る学生が大多数を占めているが、この慣習に人材教育コンサルタント田中淳子氏は、採用者の立場から苦言を呈している。

「悪い大人がこういうことを喧伝するw。『スーツ』。実際に面接すると『誰だかわからなくなる』のだが。ほんと困るんだが」

業界の特性踏まえ「自分の頭」で考えるべき

素からサラリーマン社会の掟に疑問を抱く若手ネットユーザーからも、

「ストライプの何が悪い」
日本就活の縮図みたいな記事だな」
「キモすぎる。同化とか何を生み出すのでしょうかw」

など批判が続出し、ネット上でもはやフルボッコ状態。東洋経済オンラインに「スーパーIT大学生Tehu未来予測」という連載コーナーを持つ張惺さんも、「東洋経済こんなくだらない記事書いてどうするの」と呆れている。

筆者は東洋経済新報社で記者経験があることから、「自分が知っている業界の慣習に引っられているのだろう」という人もいた。確かに何色のスーツが適切かというのは、業界によっても大きく変わってくる。

紳士服のアオキウェブサイトに掲載された「就活ファッションマップ」によると、公務員融など堅さをめるところでは「堅実」で「一般的」な装がめられる一方で、アパレルやマスコミなどでは、逆に「個性的」で「柔軟」な装が適切だという。

ある業界記者によると、大手商社や大手広告代理店では「仕立てのいいスーツを着こなすセンス」があると有利だとか。その場合は濃や薄いストライプは、効果的だという。一方、ITメガベンチャーでは、堅苦しいスーツスタイル自体が減点要素にもなりかねない。

面接には「装がまったく関係ない」といえない場合があるものの、「なら難という思考停止は、明らかリスキー。そのくらい自分の頭で考えられる人じゃないと、いまの面接は通らないんじゃないですかね」という。

なお田宮氏は、過去にも「初任給が30万円を超えていたら、おかしいと考えて」「(大企業でもないのに)『私たちと一緒に世界を変えよう』と呼びかける会社には冷静に」などした記事を書いており、その大企業志向に読者から「感覚が古い」などのがあがっていた。

あわせて読みたい:上司と同じ服装にすると出世しやすい?