8月14日(月)より5夜連続で伝説のライヴ映像作品を上映する『シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023』が開催。その初日、佐野元春 ライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『Film No Damage』(1983年作品/1983年公開) の上映前にトークショーを行います。登壇するのは本作を撮影/監督した井出情児さん、そして元The Heartlandのメンバーでプロデューサー/ミュージシャンの伊藤銀次さん。音楽評論家の能地祐子さんを司会に迎えた鼎談となります。

本作は、1983年3月に行われた中野サンプラザでの佐野元春with The Heartlandのライヴを収録。同年7月に同じ中野サンプラザにて初上映されています。それから40年の時を経て、この伝説的ライヴ映像に携わったお二人に語り合っていただきます。撮る側、撮られる側の双方が40年前の事象をひもとく貴重な機会。必見なのは間違いありません。

また、今回上映される佐野元春Film No Damage』、REBECCAREBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-』『REBECCA BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG-Complete Edition-』、TMNTMN final live LAST GROOVE [5.18] [5.19]』の『シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023』ver.トレイラーが完成し、オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されました。

いずれの作品も最新デジタル・リマスタリング・サウンド/アップコンバート映像で、30年前の作品とは思えないクオリティに仕上がっています。劇場の大スクリーンと臨場感あふれるダイナミックな劇場版5.1ch音響であの日あの時あの場所へ誘います。7月28日(金)正午より、イープラスにてチケット一般発売がスタート。前売券の販売は8月10日(水)までとなりますので、お買い求めはお早めに!!

イープラス:https://eplus.jp/clff23/(PC、モバイル共通)

佐野元春Film No Damage』シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023verトレイラー

URL:https://youtu.be/8GqRYF_wBt4

■『REBECCA LIVE '85 -MAYBE TOMORROW Complete Edition-』シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023verトレイラー

URL:https://youtu.be/3-_kbJI6Qxg

■『REBECCA BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG-Complete Edition-』シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023verトレイラー

URL:https://youtu.be/rmMEwvX2mQc

■『TMN final live LAST GROOVE [5.18] [5.19]』シネマシティ ライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023verトレイラー

URL:https://youtu.be/roEa5fM419I

シネマシティライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023

英題|Cinemacity Live Film Festival 2023 (略称|CLFF’23)

劇場|シネマシティ東京都立川市https://cinemacity.co.jp/

映画に関する詳細|劇場のホームページ、もしくは、シネマシティライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023特設サイトhttps://www.110107.com/CLFF23をご確認ください。

8月14日(月)佐野元春ライヴ・ドキュメンタリー・フィルム『Film No Damage』

劇場|シネマシティ東京都立川市https://cinemacity.co.jp/

登壇|井出情児監督、伊藤銀次(元The Heartland)/司会:能地祐子(音楽評論家)

*上映前に登壇がございます。

*登壇は、予告なく変更になる場合がございます。また都合により、登壇が中止になる場合もございます。

シネマシティライヴ・フィルム・フェスティヴァル2023先行予約|

イープラス:https://eplus.jp/clff23/(PC、モバイル共通)

特設サイト| URL|https://www.110107.com/CLFF23

※3歳以上有料/3歳未満で座席をご使用の場合は有料となります。※プレイガイドでチケットをご購入の際は、チケット代以外に各種手数料がかかります。※新型コロナ感染症の感染動向等に関し、今後の情勢に応じて変更となる場合や、各映画館で対応が異なる場合がございますので予めご了承ください。

井出情児 プロフィール

ロックフィルムの第一人者。唐十郎主宰の劇団・状況劇場の俳優を経て、1970 年からアングラ演劇、アングラ音楽の写真、映像撮影を手がけ、テレビ番組、プロモーション・フィルムの製作、撮影を担当。

甲斐バンド、ARB佐野元春矢沢永吉、沢田研ニ、アルフィーRC サクセション井上陽水サザンオールスターズチャゲ&飛鳥浜田省吾、鼓童、スターダストレビュー吉川晃司南佳孝YMOChar、吉田美奈子など、日本の音楽シーンをリードするミュージシャン、エアロスミスら国外のスターミュージシャンのフィルムを撮影、監督。また俳優・松田優作から絶大な信頼を受け写真嫌いの優作のプライベート・フォトを長年に渡り撮り続けた写真家としても知られる。

その実績は、日本映画技術賞受賞のほか、カナダNew Media Festival プロミュージックビデオ部門グランプリ受賞、カンヌMIDIM 賞音楽映像部門グランプリ受賞など国外でも著名。

伊藤銀次 プロフィール

1950年12月24日大阪府生まれ。’72年にバンド“ごまのはえ”でデビュー。その後ココナツバンクを経て、シュガー・ベイブの’75年の名盤 『SONGS』(「DOWN TOWN」は山下達郎との共作)や,大瀧詠一山下達郎との『NIAGARA TRIANGLE VOL.1』(’76年)など,歴史的なセッションに参加。’77年『DEADLY DRIVE』でソロ・デビュー。以後、『BABY BLUE』を含む10数枚のオリジナル・アルバムを発表しつつ、佐野元春沢田研二アン・ルイスウルフルズなど数々のアーティストをプロデュース。『笑っていいとも』のテーマ曲「ウキウキWATCHING」の作曲、『イカ天』審査員など、多方面で活躍。

能地祐子(音楽評論家)プロフィール

1964年、東京生まれ。音楽評論家。洋楽からJ-POP、歌謡曲まで多岐にわたるジャンルの評論、紹介記事を執筆。旧譜再発の企画・解説、ラジオ・TVなどの構成も手がける。米国音楽を中心とした音楽鑑賞愛好家をつなぐThe Country Rockin’ Trust主宰。

配信元企業:株式会社ソニーミュージックレーベルズ レガシープラス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ