バスケットボールやアメフトなど、アメリカンスポーツのファンであることで知られるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

昨年バルセロナからアトレティコ・マドリーへと完全移籍した彼は、以前からアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)でプレーしたいという希望を明らかにしている。

そして今回『Daily Mail』のインタビューに答え、昨年からはメジャーリーグ・ベースボールにハマっていることを明かしたとか。

アントワーヌ・グリーズマン

「僕はいつも『アメリカでキャリアを終えることが目標』だと言ってきた。

アメリカのスポーツが大好きだし、MLSでプレーすることを楽しみたいと思っている。競争力を持ってそこで勝利し、トップレベルで戦いたい。

しかしまず第一にアトレティコ・マドリーで歴史を作り続けたいと思っているよ。ここでタイトルを獲得したいと。

ただ将来的なこととしての自分の目標の1つはMLSでプレーすることなんだ。

アメリカに行ったリオネル・メッシは素晴らしい選手だ。MLSが行った最善の策は、彼と契約したことだと思うよ。広告のためだけじゃない、スポーツとしてのクオリティの面でもね。
僕の目標はMLSで選手としてのキャリアを終えることと、アメリカのリーグや他のスポーツを心から楽しむことだ。

今もアメリカのファンタジースポーツ(選手をバーチャルで取引するゲーム)をいくつもやっているよ。

野球は1チーム、バスケットボールでは2つだ。だから全ての結果や選手たちを見ている。あらゆる動きを観察しているよ。アメフトのクオーターバックの視野の持ち方とかね。そして去年からは野球にとても強く興味を持っている。

そしてスポーツカードもコレクションしていて、それでいっぱいになっている部屋を2つ持っている。いつかそれを公開するつもりなんだ。

4歳の息子にはいつもアメフトのボールを投げている。野球のバットも買ってあげたし、壁に練習用のネットも張った。

そして、彼がどのようにバスケットボールをプレーするかを見て欲しいね。自分の一番好きなプレーを選択できる力があるんだ」

ちなみにアントワーヌ・グリーズマンが最も好きな野球選手はシアトル・マリナーズのフリオ・ロドリゲスである。

【関連記事】「超サッカー選手なのに実は野球経験者だったレジェンドたち」

先日は大谷翔平のレアカードを当てた際の動画が話題になっていたが、このところはやはり野球への造詣を深めているようだ。

グリーズマン、野球にドハマリしていた。「息子にバットを買って、ネットも張った」