世の中にはさまざまな仕事が存在し、職種特有の『業界用語』があります。

きっと誰もが、先輩や同僚がそういった用語を使っているのを見て、自然と単語やその意味を学んでいくのでしょう。

仕事に慣れないうちは、業務中に飛び交う『謎の言葉』を耳にして、首をかしげてしまった経験もあるのではないでしょうか。

『客の質問』に、店員が強くいい返してしまった理由

自身の接客業でのエピソードを漫画で描いている、あとみ(yumekomanga)さん。

漫画の読者から寄せられた、ちょっぴり恥ずかしい体験談を描いたところ、内容に多くの人が笑ってしまったようです!

何らかの理由で業務のない時間を表す、『アイドルタイム』という言葉。

一般的に飲食店では、ランチタイムとディナータイムの間などの、『客が少ない時間帯』を指します。きっと男性客は、空いている時間に利用したいと思い、こうして尋ねたのでしょう。

しかし、まだ年若く、接客業の経験も浅かった女性は、その意味を知らなかった模様。『アイドルのライブのようなショータイム』を指していると勘違いしてしまったのです!

思わず、赤面しながら強い口調で返答してしまった、女性。接客としては失礼な態度をとってしまったものの、事情を理解した男性客は笑顔で流してくれたのでした。

かわいらしい勘違いを受け、漫画を読んだ多くの人が笑顔になったようです!

・接客業をしたことがないので、知らなかった!確かに、違う意味のアイドルと勘違いしちゃいそう。

・かわいらしい勘違いに爆笑した。いわれてみれば、怪しげな響き…!

・車の『アイドリング』も同じだよね。笑って流してくれたお客さん、優しい。

ちなみに、ここでいう『アイドル』は、『稼働していない』という意味合いの『idle』からきています。

日本でよく耳にする『idol』は、偶像という意味合い。普段、何気なく使っている言葉も、意味を調べると新たな発見がありますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
yumekomanga