渋谷区、東急株式会社、東急不動産株式会社、GMOインターネットグループ株式会社が出資するシブヤスタートアップス株式会社(代表取締役社長:渡部 志保、以下「シブヤスタートアップス」)は、初となるコミュニティー・メンバーとして11社を採択しました。これに伴い、国際的なスタートアップに対し、日本市場でのグロース支援をする「UP by Shibuya Startup Support(以下UP)」プログラムを開始することをお知らせします。

シブヤスタートアップスは、渋谷に国際的なスタートアップ・コミュニティーを誕生させ、育むことを目的に、2023年2月に設立されました。日本にとって大きなテーマである、高齢化社会、アニメやゲームのコンテンツIP、ストリートファッション・カルチャー、食文化、防災などの課題に取り組む世界中のアーリーステージスタートアップを対象として、コミュニティー・メンバーを募集しています。


これまで14カ国のスタートアップから応募がありました。今回採択企業から、テクノロジーを活用して高齢化社会の課題に取り組む2社(Camino Robotics, Inc.、Tellus You Care, Inc.)、クリエイターの活動や推し活のプラットフォーム4社(Totemo株式会社、8glabs Inc、Logcast AB、STAYGE Labs)、コミュニティー形成支援の1社(Callback株式会社)をご紹介します。


シブヤスタートアップス 代表取締役社長 渡部 志保 コメント

「『失われた30年』と言われる日本ですが、海外には日本市場にチャンスを見出している有望なスタートアップがたくさんあります。今回、日本が直面する高齢化社会の課題をAIで解決する企業や、日本が誇るクリエイター文化やポップカルチャーをテクノロジーでサポートする企業を迎えることができました。そして、今後も世界中から有望なスタートアップをUPのコミュニティーに迎えることで、渋谷、東京、そして日本を元気にするエコシステムの確立を目指します。」


■「UP by Shibuya Startup Support」プログラムについて

1. 渋谷区グローバル拠点都市推進室との提携

渋谷区と連携し、外国人起業家を対象にビザ発行サポートや、銀行口座設置サポート、英語での法律や会計分野におけるエキスパートへの紹介を行います。さらに、小規模チームに対して「UP by Shibuya Startup Support」が活用できるオフィスを1年間無料で提供するほか、POC(Proof of Concept:概念実証)、パートナーシップ、市場参入ストラテジー、人材紹介、PRなどの支援を提供します。


2.株主企業との連携

渋谷区役所、東急株式会社、東急不動産株式会社、GMOインターネットグループ株式会社のネットワークや事業ノウハウを生かし、日本企業とビジネスを展開したいコミュニティー・メンバー企業と日本企業を繋ぐなどの支援を提供します。


3. NFTテクノロジーを生かしたデジタルメンバーシップ提供

UPのコミュニティー・メンバーを対象に、今回の採択企業であるCallback株式会社(NFTプラットフォーム)のテクノロジーを生かしたデジタルメンバーシップを発行予定です。今後NFTを保持するメンバーを対象とした、様々な特典を計画中です。


■コミュニティー・メンバースタートアップについて

以下、7社を含む11社を採択しました。


<Camino Robotics, Inc.> 本社所在地:米国、CEO:Duncan Orerll-Jones

同社は、高齢者の健康な歩行と健康的な老化を支援する世界初のスマートウォーカーであるCaminoを開発しています。電動歩行補助、自動ブレーキ、AIウェルネスモニタリングを備え、高齢者の日々の運動を維持、応援します。 CEOのDuncanは、25年間パーキンソン病と闘っていた父を介護した経験から2019年に同社を設立しました。高齢者の快適な歩行をサポートすることにより、都会で暮らす高齢者の健康を促進できると考え、採択しました。


<Tellus You Care, Inc.> 本社所在地:米国、CEO:Tania A. Coke

POMという非接触型AI搭載デバイス(壁掛けセンサー)で、高齢者の健康状態(就寝時間、外出時間)などをモニタリングし、健康状態の変化や安全性に変化があった場合に家族や介護者にアラートを出すサービスを提供しています。創業者であるCEOのTaniaとCTOのKevin Hsuは、スタンフォード大学卒業後それぞれGoogle、Appleなどを経て、同社を設立しました。都会で暮らす高齢者の健康を促進できると考え、採択しました。


<Totemo株式会社> 本社所在地:日本、CEO:Marty Roberts

ストリートアートに特化した世界初のNFTオークションハウス「TOTEMO」を展開。匿名性が高く、風雨によって劣化したりと一時的なものであることが多いストリートアートをNFT化して流通させることで恒久的な価値を与え、新たな経済圏の確立と共に、クリエイターの活動領域の拡大を目指しています。CEOのMartyは、創業した企業を売却した実績もある連続起業家です。渋谷区ストリートアートのNFT化によりアーティスト支援ができると考え、採択しました。


<Logcast AB> 本社所在地:スウェーデン、CEO:Leni Andronicos

声優や音楽アーティスト、VTuberが音声会話を通じてファンと直接つながるプラットフォームを提供します。同社は間もなく、VTuber がアバターの知性と個性をトレーニングし、ファンと自律的に対話できるようにする機能を公開する予定です。 CEOのLeni は、MTV を含むエンターテインメント業界で長年の経験を積んだ後、2020 年に会社を設立しました。日本がVTuberの最大の輸出国・市場であること、また渋谷のアニメカルチャーとの親和性があると考え、採択しました。


<STAYGE Labs> 本社所在地:大韓民国、CEO:Michael Baeg

K-POPアーティストとファンを繋ぐグローバルプラットフォームアプリ「Mnet Plus」、ライブイベントプラットフォーム「Presented .LIVE」、インタラクティブストリーミングプラットフォーム「youmeOn」を提供し、世界のファン活を支援します。CEOのMichaelは、エンジニア経験がありながら、VCの経験もある起業家で、2017年に同社を設立しました。渋谷のアーティストと世界のファンを繋げられる可能性があると考え、採択しました。


<8glabs Inc> 本社所在地:米国、CEO:Ming Yong

テキストで情報を入力すると、AIを活用し、ユーザーに適した静止画や動画の生成を行うアプリ「Imagine App」を提供しており、ミュージックビデオやソーシャルメディアマーケティングなど、さまざまなケースで活用されています。CEOのMingは、GoogleでAI製品を開発した経験を有しており、2023年に同社を設立しました。若手アーティストのミュージックビデオ作成を後押しする同社のアプリは、音楽の聖地でもある渋谷の音楽シーンをさらに盛り上げると考え、採択しました。


<Callback株式会社> 本社所在地:東京、CEO:高井ウッズレックス玄

NFTを作成・活用するためのプラットフォームの提供を通じたブランドのweb3導入のサポートや、モバイルアプリCallbackウォレットを通じて企業、クリエイター、ユーザー向けにweb3を親しみやすいものにする活動を行っています。CEOの高井は、スタンフォード大学卒業後の2021年に同社を設立しました。同社はこれまで渋谷区で開催されたSOCIAL INNOVATION WEEKなどでNFTスタンプラリーを開催するなどの実績があり、スポーツやファッションなど渋谷が得意とする分野の発展に貢献すると考え、採択しました。


今後もさまざまな分野で活躍する有望なスタートアップをコミュニティー・メンバーとして採択する予定です。


■企業向けプログラムについて

シブヤスタートアップスは、コミュニティー・メンバーと企業の繋がりを作るため、企業向けプログラムを開始します。詳細については近日中に公開を予定しています。

【本件に関する問い合わせ先】

シブヤスタートアップス株式会社 Mail:pr@shibuyastartups.com  Tel:080-9534-5627

UP by Shibuya Startup Support URL: https://upshibuya.com/

※本件に関する問い合わせ窓口は上記問い合わせ先に一元化しております。記載のある株主企業各社様への問い合わせはお控えいただけますようお願い申し上げます。

配信元企業:シブヤスタートアップス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ