なにわ男子が27日、『24時間テレビ46』放送終了後の囲み取材に出席。メインパーソナリティーを務め上げた感想を各々が語った。

【写真】なにわ男子、24時間テレビチャリTシャツ&チャリティーグッズ特設会場にサプライズ登場

 8月26日・27日に日本テレビ系で放送された『24時間テレビ46』。“明日のために、今日つながろう。”をテーマに掲げ、メインパーソナリティーをなにわ男子が務めた。

 放送を終えた感想を聞かれた西畑大吾は「本当に達成感がすごい」としみじみ。「サプライズでメインパーソナリティーを務めると聞いてからの期間がすごく早くて。でもそれだけ早いと感じたということは、それだけ濃かったということやろうし、メンバーとも色んな場所で繋がれたなと思う」と振り返った。

 また大西流星は「学ぶことがすごく多かった」と話し、「メインパーソナリティーって、皆さんを応援する立場だと思っていたんですけど、(反対に)すごく皆さんから勇気づけられました」とコメント。「パワーをもらって、『もっともっと僕たちも頑張らないとな』と背中を押してもらった」と感謝した。

 大橋和也は放送期間の2日間を「青春の夏やな、と思いました」と表現。続けて、パーソナリティーに決まって以降の今夏を「笑顔が多かった夏でした」とまとめ、「自分もたくさん笑顔になれたこともすごく嬉しかったので、来年、再来年はもっともっと色んな笑顔が生まれる夏にしたいなと思いました」と微笑んだ。

 そして、高橋恭平は「本当に濃い24時間でした」とし、「本当に良い経験ばかりで、すごく楽しかった」とにっこり。

 自分たちの若さから、メインパーソナリティーを務めることへの不安もあったという長尾謙杜は「けど、若い僕たちだからこそ作れた『24時間テレビ』になったのかな」と充実した表情を見せた。

 さらに、道枝駿佑は「すごくあっという間だった」とした上で、「これから『24時間テレビ』で経験したことを出せるように頑張っていけたらいいなと思います」と宣言。

 藤原丈一郎は「年を重ねても達成感を感じたいなと思いました。ヒロミさんのマラソンもそうですけれど、人が挑戦することによって、『24時間テレビ』を見てくださった人が少しでも心が動く、そんな番組になったらなと思っていたので、視聴者の皆さんが何か繋げようとか、チャレンジしようとか思っていただけたら、それだけで僕は嬉しい」と口にした。

 番組内で読み上げられた、道枝からメンバーへ対しての手紙については、長尾が「本当に聞いてなかったのですごいびっくりしました。グッとくるような」と放送時の心境を告白。個人に向けた手紙の内容に関しては、時間の都合で一部メンバー以外は割愛されてしまっていたため、長尾は「僕は割愛されたんですけど、読まれてたら大号泣でした」と語っていた。

『24時間テレビ46』メインパーソナリティーを完走したなにわ男子 (C)日本テレビ