代替テキスト
キャロライナ・リーパー(写真:アフロ)

TikTokをはじめとしたソーシャルメディアでトレンドとなっている「ワンチップ・チャレンジ」で、米マサチューセッツ州在住の高校2年生が命を落とした。CBS系列のWBZが報じている。

ワンチップ・チャレンジとは、テキサス州のスナック菓子ブランド「Paqui」が10ドル(約1400円)で販売するトルティーヤチップ「One Chip Challenge」を食べるというもの。ひつぎ型のパッケージに、黒いトルティーヤチップが1枚だけ入っており、キャロライナ・リーパーとナーガ・ヴァイパーという2種類の唐辛子粉末がまぶされている。ナーガ・ヴァイパーは’11年、キャロライナ・リーパーは’13年にそれぞれギネスワールドレコーズで「世界一辛い唐辛子」に認定された種だという。

この激辛チップを食べた後に水を大量に飲んだり、辛さでのたうち回ったりといった反応を撮影してシェアすることがTikTokなどで流行している。

先週、学校でこれを食べたハリス・ウォロバさんは気分が悪くなり、保健室へ。養護教諭から連絡を受けて迎えに行った母親のロイス・ウォロバさんが見つけたのは、ベッドでお腹を押さえてうずくまっている息子だった。間もなくハリスさんは気を失い、病院へ運ばれたがその日のうちに亡くなってしまったという。

息子に持病はなかったと話すハリスさんの両親は、One Chip Challengeが死因だったと考えており、メーカー側に販売中止を求めている。New York Timesによると、検視結果が出るまで3カ月ほど要するようだ。

パッケージには、「食べた後に呼吸困難や失神を起こしたり、長時間の吐き気などがある場合は医師の診察を受けて下さい」と注意書きがある。