メイン画像

台風13号の接近に伴い、関東地方を中心に大雨となっています。千葉県茂原市では12時間降水量が平年9月の1か月分の約1.6倍に達しました。土砂災害や川の増水・氾濫などに厳重に警戒してください。

伊豆諸島や千葉県に線状降水帯発生 猛烈な雨が降り続く

画像A

台風13号は、きょう(8日)正午には静岡県御前崎市の南南西約180キロの位置にあって、ゆっくりした速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は996ヘクトパスカルで、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルです。
台風から離れた北側で雨雲が発達していて、きょう午前は伊豆諸島や関東南部を中心に雨雲がかかりました。伊豆諸島と千葉県には線状降水帯が発生し、猛烈な雨が降りました。
きょう午後2時までの12時間降水量は、千葉県茂原市で370.0ミリ、千葉県大多喜町で325.0ミリ、鴨川市で291.5ミリを観測し、いずれも1976年の統計開始以来、最も多くなりました。また、三宅島の坪田では201.5ミリを観測し、9月として最も多い雨量となりました。
千葉県茂原市では、たった半日のうちに、平年9月の1か月分の約1.6倍もの雨が降ったことになります。

千葉県や茨城県、伊豆諸島では土砂災害の危険が高まっている所があり、午後2時現在「土砂災害警戒情報」の発表されている市町村があります。
また、千葉県内では、氾濫危険水位を超えている川があり、さらに浸水の危険が高まっている地域もあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

また、台風の接近に伴って、沿岸部を中心に風も強まっています。横殴りの雨となって傘が役に立たなくなるくらいの雨の降り方となった所もありました。
伊豆諸島の大島空港では午前7時49分に最大風速23.6メートルの非常に強い風を観測しました。また、三宅島の坪田では、午前6時47分に最大瞬間風速31.4メートルを観測しました。

活発な雨雲が北上 今後雨の中心は東北へ

関東甲信地方では、線状降水帯による猛烈な雨の降りやすい状況が続いています。雨雲は北東の方向へ移動しつつあり、午後2時現在、活発な雨雲は千葉県の北東部や、茨城県の鹿行地域が中心です。伊豆諸島の周辺には、まだ雨雲が連なっています。
台風13号は、今夜には東日本にかなり接近し、上陸する予想となっています。雨の中心は次第に北へと移り、あす(9日)にかけて東北地方でも大雨となりそうです。

あす(9日)正午までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
関東甲信で250ミリ、東北で150ミリ、東海で120ミリ、伊豆諸島で100ミリとなっています。

台風の大雨 土砂災害から避難するには

画像C

土砂災害から避難するには、ポイントが2つあります。

1つめは、早めの避難を心掛けることです。特に、お年寄りや障害のある方など、避難に時間のかかる方がいらっしゃる場合は、大雨になってしまう前に、行動してください。また、夜中に大雨が予想される場合は、なるべく明るいうちに、避難所など安全な所へ避難することが重要です。

2つめは、より安全な所へ避難することです。これまで、土砂災害の多くは、木造家屋の1階で被害にあっています。すでに雨が強まっているなど、どうしても避難場所への移動が困難な場合は、近くの頑丈な建物の2階以上へ移るのも、選択肢の一つです。家の中に留まる場合も、斜面から離れた部屋や、2階以上の部屋へ移ってください。

万が一、土石流が発生した場合は、土砂の流れる方向に対して直角に、できるだけ高い所へ避難することが、命を守ることにつながります。

たった半日で平年9月の1.6倍の雨量も 土砂災害や川の増水・氾濫に厳重警戒を