千原兄弟の千原ジュニアによる、約30年前のエピソード“お笑いストリートファイト事件”をもとに番組化された「お笑いストリートファイト」(毎週水曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIALチャンネル)の最終話が、ABEMA SPECIALチャンネルにて9月13日に放送された。

【写真】見届け人の日向坂46の佐々木久美

本番組では、神奈川綾瀬市の全面協力のもと、リアルな街を舞台に、総勢30名の芸人たちがお笑いの真剣勝負“お笑いストリートファイト”を行う。大喜利、モノボケ、エピソードトークなど、立会人の千原が即興でくり出す幅広いお題のなかで、どちらがおもしろい芸人なのかを競っていく。この熱きお笑いバトルの様子を、千原に加えて、フットボールアワー後藤輝基、お笑い好き日向坂46の佐々木久美とINIの池崎理人がスタジオで見届けた。

最終話では

最終話となった本放送回では、ケンドーコバヤシ率いるケンコバ連合チームと、笑い飯の西田幸治が率いる西田連合チームの総勢24名の芸人たちが、総当たりでぶつかりあう「最終決戦」の完結編となる。

ケンコバチームはケンドーコバヤシジェラードンのアタック西本、ななまがりの森下直人、西田チームは西田、モグライダーの芝大輔、R藤本の、各チーム3人から始まったお笑いバトルもおたがいに3チームずつを傘下に入れ、1チーム12名の大所帯での最終決戦では、全8チーム総勢24名の芸人のなかで“おもしろいヤツら”の頂点がついに決まる。

西田連合チームの残り人数が10人に対し、ケンコバ連合チームはハリウッドザコシショウ、永野、モグライダーのともしげのリーダーを欠いた3人のみとなる。

各チームの最後のひとりが「まいった」と負けを認めるまで決着がつかないルールに対し、千原は「ケンコバチームの残った3人の共通点は、自分から『まいりました』って言わないこと(笑)」と我慢強さを指摘、まだまだケンコバ連合チームが息を吹き返す可能性があることを指摘する一方で、後藤は「ケンコバチームが逆転して勝てると思いますか?」と首をかしげると、1話からこのバトルを見守ってきた佐々木は、「勝てると思います。逆転勝ちがあるのが、『お笑いストリートファイト』だと思います」と断言し、期待を込めていた。

■出場した芸人全30名

ここまで快進撃を続けてきた西田連合チームだが、ひとくせもふたくせもあるケンコバ連合チームの3人の前で大苦戦する。大喜利の“常識”をねじ曲げるストロングスタイルに、ZAZY、しずるのKAZMA(Zはストローク付き表記)、R藤本などの西田連合チームの面々が、次々と「まいりました」と口を開くのを見た千原や後藤は、「ケンコバチームの戦い方に負けたな」「根負けした」と声をあげ、ケンコバ連合チームの大躍進に目を見張る。

一方で、好調だったケンコバ連合チームの3人も、すぐに回ってくる出番と朝から続くお笑いバトルで疲労はピークになり、“お笑い脳”がもうろうとするなか、千原からくり出されるお題「スコアボードは何の点差?」「放送室から世の中にひと言」「誰とまちがえて千原ジュニアに話しかけてる?」では、珍回答を続出する。

西田連合チームの安田大サーカスクロちゃんコロコロチキチキペッパーズのナダルも、相手チームにつられて“古い手法”を使ったり、千原に「チェ・ホンマンですか?」と話しかけたりするカオスな極限状態でもがく芸人たちが、大喜利をくり広げる。

出場した全30名の芸人のなかから頂きに立つ芸人たちとはいったい、芸人たちのプライドを懸けたお笑いバトル「お笑いストリートファイト」の結末を見ることができる。

※池崎理人の“崎”は立つ「崎」

最終話が放送された新番組「お笑いストリートファイト」/(C)AbemaTV,Inc.