今も多くの人に愛され続ける人気カードゲーム遊戯王」。子どもの頃、漫画やアニメを見て、カードを集めたり友達とデュエルをした経験のある人も多いのでは? 今回は大学生に聞いた、デュエルをする際の「あるある」ネタをご紹介します。

■気分はすっかり主人公
TVアニメの名言を叫ぶ(女性/22歳/医療・福祉業界内定)
いちいちかっこつけていた(女性/21歳/ホテル・旅行・アミューズメント業界内定)

まずは形から!? 遊戯王キャラクターになりきれば、その場の雰囲気も盛り上がるし、よりゲームが楽しくなりそう!

バトルでの戦略
・「ブラック・ホール」で全て無にかえされる(女性/21歳/医療・福祉業界内定)
ライフの計算を間違う(男性/23歳/その他業界内定)
カードを仕組んで、すぐにエクゾディアが完成するようにする(男性/26歳/運輸・倉庫業界内定)

戦略がうまくいって喜んだり、計算違いですべて台無しになったり......。熱いバトルでの一喜一憂は、デュエリストなら誰もが経験しているはず!

デッキカードは......
・弱くても好きなカードデッキに揃える(女性/23歳/その他業界内定)
ブラックマジシャンの人気の高さがすごかった。みんなデッキに入れていた(女性/23歳/機械・精密機器業界内定)

大好きなカードが揃っていれば、どんな勝負でも勝てる気がしましたよね。ブラック・マジシャンアニメでも大人気のキャラクターでした。

■ついつい言ってしまうあのセリフ
カードを引く度に「俺のターン、ドロー!」と叫ぶ(男性/22歳/不動産業界内定)
・「エンド」を言いすぎて、デュエル以外の場面でも、何かを終えるたびに「エンド」と口から出たりする(女性/21歳/その他業界内定)

カードを引くときに「ドロー」と叫ぶのはもはや鉄板!? 対戦中、アニメセリフを真似する人は多いようです。

■白熱しすぎて......
・「○○で○○を攻撃」の「攻撃」の声が強い(男性/21歳/マスコミ・広告業界内定)
・「プレイヤーに直接2000ダメージ」のときに相手を直接殴る(女性/22歳/情報・IT業界内定)

ゲームに夢中になりすぎて、声がどんどん大きくなったり、対戦相手に直接攻撃してしまうことも!?

■効果を説明する
いちいち効果を口頭で説明(女性/22歳/その他業界内定)
・技名を叫ぶやつがいる(男性/22歳/人材派遣・人材紹介業界内定)
・魔法の効果を読み上げる(男性/22歳/人材派遣・人材紹介業界内定)

技名や効果を声に出すと、「バトルしてるぜ!」感が強くなりますよね!

ルールを知らない
・速攻魔法の使い方が分からない(男性/22歳/金融・証券業界内定)
・相手にルールを確認することがある(男性/24歳/医療・福祉業界内定)
・細かいルールの違いからリアルファイトに発展(男性/24歳/電力・ガス・石油業界内定)

ルールが分からず戸惑った経験がある人も。全てのルールを把握するのは、なかなか難しいですよね。
■レアカードの思い出
・相手のレアカードをまじまじと見る(男性/21歳/運輸・倉庫業界内定)
・レアカードのはずなのに、ブルーアイズホワイトドラゴンは意外と持っている人が多い(男性/26歳/情報・IT業界内定)

他人のレアカードに興奮したり、入手困難のカードをみんなが持っていて特別感が薄れたり・・・。レアカードにまつわる思い出も集まりました。
いかがでしたか? 来年で15周年を迎える遊技王は、今や国内にとどまらず、外国人ファンも多いのだとか。注目度の集まる今、しばらくゲームをしていなかった人も、久々に友だちを誘って熱いバトルを繰り広げてみてはいかが?

文:ロックスター

調査時期:2014年11月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:大学生


MENSAからの超難題が解けたら賞金10万円!? 「ひらめき力」を試すチャンス!