代替テキスト
二郎系ラーメン(※この画像はイメージです)

定期的に炎上が取り沙汰される二郎系ラーメン。今度は熊本県内のある店の“メニュー”が波紋を呼んでいる。

騒動の舞台は、熊本市内のラーメン店「ラーメンけんじろう」。一般的なラーメン店よりボリュームが多く、お好みで野菜やニンニクのトッピング類の量をオーダーできるいわゆる“二郎系ラーメン”として、人気を博している店だ。

今回、問題となっているのはそのメニュー名。9月20日に同店を訪れたあるユーザーがX(旧Twitter)で、「女子供ラーメン」と書かれたメニューが存在することを報告し、店長から通常メニューは量が多いことから、女性や子供の逃げ道として用意されたメニューであると説明を受けたという。「女子供」とメニュー名に入れることに疑問を呈していた。

また、あわせて投稿されたメニューの写真には、「女子供用ミニラーメン」という表記があり、すぐ下には「※女子供のみ注文可150g」と書かれている。通常の「小ラーメン」の麺のグラム数300gの半量に設定されているようだ。

客の食べられる量に対応するため、麺の量を調整したり、通常より少ない「ミニラーメン」のようなメニューを設けるラーメン店は少なくない。この投稿はたちまちX上で拡散され、少ない量のメニューを「女子供用」と限定するような書き方をした同店に対して、批判的な声が相次ぐことに(現在、投稿は削除されている)。

《女子供ラーメン叩いてる人は言葉狩りってやつ意味わかんなくて死ぬ 女子供って嫌な使い方されることの方が多いだろ》

《女子供ラーメンのやつ、「合理的でわかりやすい」とか言って堂々と女をバカにできるフレーズを使ってることにキャッキャしてるリプがたくさんついててキツい》

《女子供ラーメンはだめだろ》

《レディースとかお子様用とかなら誰も文句言わないのに名称が「女子供」ってだけで文句言うなって意見があるけど、その言い方に地方独自の差別的な言葉遣いを感じるんだよな》

いっぽうで、多くの量を食べられない人からは、歓迎する声も。

《女子供ラーメンわかりやすくていいじゃん》

《麺が少ないだけだから、ガチの田舎っぺの悪気のない差別的な言い方してるだけっぽくてほんとに面白い》

《女子供ラーメン、名称はともかく関東の二郎系ラーメン屋でも導入して欲しいな。たまに食べたくなるけどもう小ラーメンでも多いのよ。「女子供老人胃弱ラーメン」みたいな感じで》

また、「小ラーメン」を麺少なめで注文しても値段は変わらず1000円なのに対して、同じ麺量の「女子供ラーメン」は800円で200円安く設定されていることから、店側の気遣いを指摘する人も。

《中身は小ラーメン麺少なめと同じなのに女子供ラーメンにすれば200円安くするという最高に差別的なメニューですね 女子供は大人の男が守るものだという九州男児の心意気が見て取れますが、これを問題として一人前扱いしてもらいたいなら小ラーメン麺少なめか他の通常メニューを頼めばいいのではないか?》