飼い犬の“リリーLily、11)”が毎朝3年間、フェンス越しに挨拶を続けてきた友達犬が突然、姿を見せなくなった。そして数日後、飼い主と一緒に散歩に出たリリーは、いつものようにフェンスの前に来ると“悲しい事実”を悟ったようだ。当時のリリーの様子を捉えた動画とともに、米ニュースメディア『Newsweek』などが伝えた。

米フロリダ州に住むコートニーさん(Courtney、27)が今月13日、TikTokに動画を投稿したところ、多くの人の涙を誘った。

動画はコートニーさんの愛犬でメスの“リリー”と、朝の散歩コースの友達犬でオスの“ブッチ(Butch、9)”とのやり取りを捉えたもので、「リリーのフェンス越しの友達を訪ねることは、朝の散歩のハイライトだった」と言葉が添えられている。

そして「私たちが3年前に引っ越してきてから、リリーは毎日、ブッチに『ハイ!』と挨拶してきたの」と説明があり、リリーを見たブッチが庭のフェンスに駆け寄ってくる様子や、2匹が嬉しそうに尻尾を振って挨拶を交わす姿が次々と映し出される。

ところが最後の場面になると、フェンス越しにリリーを迎えるブッチの姿はなく、フェンス前に小さな十字架が設置されているのが見て取れる。十字架にはブッチの写真とハーネスが飾られていて、リリーはそのそばにゆっくりと近づくと小さな声で鳴いている。そうして何かを悟ったように振り向くと、コートニーさんの顔をジッと見つめるのであった。

コートニーさんはコメント欄で、「きっとリリーはあの瞬間、ブッチの死を悟ったのでしょうね。フェンスまでの歩みがゆっくりなのも、鳴き声をあげたのもそのためよ」と明かしており、胸のうちをこう吐露した。

「ブッチは数日前から姿を見せなくなってね。でもまさか、亡くなっていたとは思ってもいなかった。」

「あの朝、私たちの心は打ちのめされてしまったの。ハンサムで優しいブッチがいなくなってしまったなんて、本当に寂しく思う…。」

「散歩の後、私は涙が溢れて止まらなくてね。せめてブッチが亡くなる前に、サヨナラを伝えられたら良かったわ。」

「それにブッチの家族のことを思うと胸が張り裂けそうになるの。ブッチがいない朝の散歩は、これまでとは同じというわけにはいかないでしょうね。」

リリーはもともと動物シェルターから引き取った犬だったが、今ではコートニーさんにとってなくてはならない存在なのだそう。コートニーさんは、そんなリリーとブッチとの朝のやり取りを頻繁に撮影し、「ベストフレンド動画」としてTikTokに投稿する予定でいたものの、公開する前にブッチの死という悲劇が起きたのだった。

そしてこの動画を見た人からは、次のようなコメントが寄せられた。

「これは心が痛む。リリーがママ(飼い主)を見上げた時の顔! 胸が苦しくなるよ。」
「突然死ほどつらいものはない。いったい何があったのだろう。」
「ハーネスがかけられた十字架を見た瞬間、泣かずにはいられなかった。動物の死というのは本当に悲しい。」
「動物たちが私たちと同じように長生きできないのはフェアじゃない。私も飼い犬を亡くしているから、気持ちが痛いほど分かる。」
「ブッチの家族は、リリーと飼い主のために十字架を立てたのだろうね。ブッチが毎朝挨拶していたことをちゃんと知っていたのよ。」
「はやく元気になってね!」

なおブッチの死因は不明だそうだが、コートニーさんは今回投稿した動画をブッチの飼い主にプレゼントすることも考えているそうで、テックインサイト編集部ではコートニーさんがブッチの飼い主と会うことができたのか、またその後のリリーの様子などについて話をうかがうべく取材を申し入れている。

ちなみに過去には、自分の死期を悟った飼い犬が、愛情をいっぱい注いでくれた飼い主に最後のハグをする様子が捉えられ、TikTokで拡散した。この犬は家族に囲まれ、安らかに息を引き取ったという。

画像は『Court 2023年9月13日付TikTok「I’ve been saving these videos for a “puppy best friend” post…」、2023年7月21日付TikTok「Convinced these will forever be the best years of my life」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト