コロナ禍から徐々に高まってきたゴルフブーム。最近では、女性のプレイヤーも増えており、Instagramで「#ゴルフ女子」と検索すれば、およそ350万件の投稿が表示されるほど。

だが、それだけプレイヤーが増えれば初心者と中・上級者が一緒にラウンドをまわることも増えるはず。となると、互いに好かれる行動が求められるのは言うまでもないだろう。では、ゴルフ場で好かれる行動、嫌われる行動とは一体なんなのか。

インドアゴルフスクールのステップゴルフで総括店長を務める佐々江美子氏は、ゴルフ歴25年で、過去600以上のラウンド経験を持っている。そしてこれまで、17,000人を指導した経験を持つ、いわば百戦錬磨の佐々氏に「一緒にラウンドを回りたくなる人の特徴」を教えてもらった。

初心者が嫌われないコツは“スピード感

まず、初心者ゴルファーが「中・上級者から嫌われない行動」を掘り下げていきたい。

初心者の方はどうしてもプレーが遅くなりがちですが、ティーショットのときはカートでじっと待たず、クラブを持って準備をしておく、素振りは1回で、アドレスから5秒以内に打つといったスピード感を意識すれば嫌われませんよ」(佐々氏、以下同じ)

また、2打目以降の振る舞いもスピードを意識すれば嫌われないという。

カートから降りたらクラブを3本ほど持つ、打ったらカートを前進させ、斜め前に進むなど、常に前に、前に、という意識でプレイを進めれば『この人は気が使えているな』と思ってもらえます」

この“プレイファースト”は、当たり前すぎる話かもしれない。だが、初心者だと素振りの回数やコース読みの時間が増える。意識して行動する必要があるだろう。

カートの中でも“モテる行動”がある

ただ、「スピードが大事」と言っても、初心者はOBや1ペナゾーンなど横にボールが飛んでしまうもの。ボールを探しに他のプレイヤーを巻き込んでしまいがちだ。そんなときはどう振る舞うのがスマートだろうか?

「過去600以上のラウンドを経験して実感していますが、上級者はボールの行方がわかることが多いんですよね。なので、一緒にまわっている上級者にちゃんとショットを見てもらうことが重要です。それから暫定球を打っておくこと。また、3分ほどボールを探して見つからなければ潔くロストです!』と言えばOKです。

初心者の方はどうしても知識が不足してしまうものですけど、最低限のルールマナーを知っているだけで好かれるでしょう。また、カートの中ではわからないゴルフ用語は質問したり、好きなプロゴルファーの話題を振れば盛り上がります。『岩井姉妹、どっち派ですか?』といったように、スコアはまだまだでも、『気も使えるし、ゴルフの話も盛り上がって楽しいな』と思われれば、またラウンドの声がかかるはずです

◆「ゴルフ場で嫌われるおじさん」の行動とは…

では、逆に「初心者ゴルファーと回るゴルフ中・上級者のおじさん」が気をつけるべきポイントは?

「最近ではゴルフ女子も増えてきており、ステップゴルフにもゴルフ始めたての20代女性が多くいらっしゃいます。ただ、彼女たち全員が上級者と回りたいかと言えば、そうでもないんです……」

いったい、どういうことか。実は、中・上級者でも初心者ゴルファーから嫌われる行動があるという。これはぜひ知っておきたい情報だ。

というわけで、ステップゴルフご協力のもと、20代初心者ゴルフ女子30人に聞いた「ゴルフ女子がドン引きするおじさんの行動」をランキング形式で紹介してもらう。

◆第5位:教えたがりおじさん

聞いてもないのに「アウトサイドインになってるよ」「クラブフェースが開いてるね」と思わずコメントよかれと思って発した一言が、実はゴルフ女子に嫌われる原因になっているのだとか。

「女性側から相談されて答えるのは良いですが、そうでない限りはアドバイスは避けたほうが良いです。ゴルフ女子の中からは『手打ちになってるよと言われた瞬間、二度とまわりたくないと思った』という声もありました」

つまり、勝手にコーチづらするのは厳禁だということ。あくまでよいショットのときに褒める、ミスショットのときは何も言わないか、フォローの一言をかけてあげるなどの振る舞いが正解だという。

◆第4位:ティーショットのときにミスを誘うコメントをする

7番ホールの打ち下ろし385ヤードPar4。両サイドはOBで緊張する局面。ティーを挿し、セリクソンのボールセット……。緊張しながらアドレスしたその瞬間……。

「いまのうちに、ファーの練習しとこうか(ニヤニヤ)」

後ろからそんな冗談混じりの一言が耳に入った瞬間、緊張感とドン引きの感情が同時に湧き上がるという。

「特にティーショットのときは周囲から注目されていることもあり、初心者はドキドキしているんです。そんなときに冷やかしコメントをする人はかなり嫌われるようです。ただ、アンケートしたところ、逆に好かれる行動もありました。慣れないティーをかわりに挿してあげて、ボールを置いて『あとは打つだけだよ』とやさしくエスコートしてくれたおじさま20代女子はキュンとしたそうです。

ほかにも、さんざんティーショットのときに冷やかしておいて、自分がスライスOBしたときには『昨日寝違えたからな……』『まだ腰痛が治ってないな……』と言い訳めいたことを言う男性はダサいという声もありました

ティーショットのときはおとなしく、見守り、エスコートする。そして「ナイスショット!」の一言。シンプルな態度が好かれるためのポイントのようだ。

◆3位:(ゴルフ用語に関連させた)下ネタ

「このあと、19番ホールいっちゃう!?」

おじさん、夜も体力持たずにショートコース!」

「今日初対面だけど、ホールインワンしたくなっちゃった!」


といった平成までに撲滅したかった下ネタ以外にも、20代ゴルフ女子からは多くの「一発OUTワード」が飛び出した。

グリーンまわりで『入る!入っちゃう!』と興奮気味に発するといった口にするもの憚れる発言はもちろん、かわいいスカートを履いてると『見えちゃいそうだね!』とニヤニヤしながら口にする男性もドン引きするという声が」

ただ一方、ウェアについては適切に褒めるとポイントアップにつながることも。

「そのウェア、ショットしたときに見える背中のロゴがかわいいね!

ボールケース、機能性もあるのにワンポイントおしゃれだね!」


こんな一言は逆にゴルフ女子のテンションをあげ、もう一度ラウンドを一緒に回りたいという感情にさせるという。

◆第2位:お酒を大量に持ち込んでくる人

ロッカー番号214番、生ビール(大)で!」

ラウンド前の時間からレストランで一杯飲むといったゴルファーも見られるが、軽めの一杯ならまだしも、ラウンド中に缶を何本も持ち込むおじさんドン引きの対象となるようだ。

『声も大きくなるし、アルコール臭くなるのでカートで隣に乗るのもイヤ』『この人、何しきに来たの?』と思うゴルフ女子の声が多かったですよ。5番ホールにある茶屋や、ランチのときに飲むのは許容できても、ずっと飲んでいるのは……という声が目立ちましたね」

カートで移動する以上、ゴルフ女子との距離は近い。隣に座っていて「臭い」「声が大きい」といったNGポイントを誘引する行動は慎むべきだろう。

◆第1位:立ちション

こちらについては、先に佐々氏がゴルフ女子から聞いたコメントを先に紹介しよう。

「圧倒的にNGです。女性は100%男性の立ちションを見ています。バレていないと思ったら大間違いです!」

「『ちょっと行ってくるね』という言葉を耳にした瞬間、もうラウンドをこの人と回ることはないなと思います。スッと黙って消える男性がいますが、バレてます。気になってティーショットが打てなくなります。打ったとしてもだいたいスライスしてOBになります」

ティーショットシャンクしたボールを拾うこともあるので、拾うことすらもイヤになります。単純にゴルフ場に迷惑をかける行為なので絶対にやめてほしいです」

「お酒をたくさん飲んで、さらに立ちションするのは最悪です。以前、繁みから戻ってきたらウェアをおしっこで汚している人がいて、カートに一緒に乗ることすらもイヤでした。手も洗っていないのでハンドルも握ってほしくないですね」


実は、今回アンケートを行った結果、回答してくれた女性全員が口を揃えて「立ちション」はNGだと述べていた。

初心者も上級者もルールマナーを徹底すれば周囲から好かれ、逆にそれができていないと嫌われるということです。楽しく回れるよう、ぜひルールマナーを守ってラウンドを楽しんでください」

「なぜか1度ラウンドを回ったきり誘われなくなった……」と悩んでいる人は、この記事を参考に1度自分の行動を俯瞰で見てみてほしい。そこで何かしらの改善点が見つかれば、きっと状況は好転していくはずだ。

<取材・文/日刊SPA!取材班>

画像はイメージです ©ritfuse