アプリケーション開発者のNaomichi Fujiwara氏は9月25日、同氏がリリースした“誰も傷つかない”新SNS「DYSTOPIA」の利用者数が1万人を突破したことを発表した。

 本サービスは9月24日にリリースされたため、今回の達成はサービス開始からわずか1日での快挙となっている。

 新SNS「DYSTOPIA」の対象プラットフォームはiOS、Androidで、価格は基本無料だ。

 新SNS「DYSTOPIA」は“誰も傷つかない”ことをテーマにした社会実験的なSNSだ。

 本サービスへの投稿はAIにより検閲され、不適切な表現や誹謗中傷はAIにより“適切な表現”へと変換される。

 コンセプトは1949年イギリスの作家・ジョージオーウェルが刊行したディストピアSF小説『1984』の影響を受けている。利用した際には「AIにより発言が検閲される状況」が真に好ましいのかを検証する機会となりそうだ。

SNS「DYSTOPIA」の利用者数が1万人を突破_001 SNS「DYSTOPIA」の利用者数が1万人を突破_002

(画像はdystopia だれも傷つかないSNS – Google Playより)

 公式が紹介する例を参照すると、「死ねカス!」という誹謗中傷は、AIによる検閲と自動の変換機能により、「私の心の中は今お祭り騒ぎですな!🏮」という文章に変換される。

 なお、本サービスにはChat GPTを利用しており、利用者数が増えるたびにAPIの使用量が二次関数的に伸びている。そのため、クリエイター支援サービスである「FANBOX」ではサポーターを募集している。

 毎月500円の支援で「現行のプロンプト」を見ることができるものから、本サービスの開発陣による「打合せの議事録」をリターンとして観覧できるプランが用意されており、本サービスを楽しんだ暁には支援してみよう。

SNS「DYSTOPIA」の利用者数が1万人を突破_003
(画像はDYSTOPIAの公式X(旧Twitter)アカウントより)

 上記のほか、本サービスの開発用Discordコミュニティも解説されており、フィードバックなどを共有する際には活用されたい。

 基本無料で利用できるため、興味がある読者はアイロニカルな「DYSTOPIA」を利用してみてはいかがだろうか。

DYSTOPIAの公式X(旧Twitter)はこちら「DYSTOPIA -だれも傷つかないSNS」App Storeはこちら「DYSTOPIA -だれも傷つかないSNS」Google Playはこちら