西武鉄道は2023年9月26日東急電鉄小田急電鉄から「サステナ車両」を授受すると発表しました。

「サステナ車両」とは、他社から譲受したVVVFインバータ制御車両を西武鉄道独自の呼称として定義したものです。西武鉄道池袋線新宿線への新造車両(40000系など)導入に加え、国分寺線西武秩父線など支線系に「サステナ車両」を投入することで省エネ化を加速。2030年度までに車両のVVVF化100%達成を目指すとしています。

導入時期については「2024年度以降、2029年度にかけて順次導入予定」としており、2024年度に運行を開始する第1編成は小田急8000形、2025年度以降に東急9000系の運行を順次開始します。小田急8000形国分寺線東急9000系多摩川線多摩湖線西武秩父線狭山線へ投入する予定で、車両数はあわせて約100両の見込みです。

東急電鉄さま、小田急電鉄さまの多大なるご協力により、資源の廃棄を減らし、自然環境への負荷を軽減する今回の取り組みを実現することができました。これにより当社では、新造車両と「サステナ車両」を組み合わせ、車両の省エネルギー化をスピード感を持って推進します。また、これを機に両社との技術連携を深め、よりサステナブルな輸送サービスをお客さまにご提供します」(西武鉄道 鉄道本部 小川克弘 車両部長)

西武鉄道によりますと、サステナ車両を100両導入することで、CO2の年間排出量は約5,700t削減される見込みです(約2,000世帯の年間排出量に相当)。