アニメプリキュア」シリーズ第20弾『ひろがるスカイ!プリキュア』(ABCテレビテレビ朝日系/毎週日曜8時30分)の第35話「助っ人ソラ!エースとヒーロー」が、あす10月1日に放送。あらすじと場面写真が公開された。

【動画】エースがピンチの女子野球部をお助け! 第35話予告映像

 本作のモチーフは果てしなく広がる「空」。テーマは「ヒーロー」。キーワードは「知ることで広がる世界」。天空の世界「スカイランド」と自然に囲まれた「ソラシド市」という二つの都市を舞台に、新たなプリキュアたちが活躍する姿が描かれる。

 主人公ソラ・ハレワタールキュアスカイ関根明良虹ヶ丘ましろキュアプリズム加隈亜衣夕凪ツバサキュアウィング村瀬歩聖あげはキュアバタフライ七瀬彩夏スカイランドの幼き王女・エル/キュアマジェスティ古賀葵が演じる。

■第35話「助っ人ソラ!エースとヒーロー」あらすじ

 学校であちこちの運動部から勧誘されていたソラ(CV:関根)のもとに、女子野球部のコーチの依頼が舞い込む。エース投手の四宮たまきと捕手の扇かなめは学園史上最強といわれるバッテリーで、大会でも優勝をはたしてしていたが、肘を痛めてしまったたまきが休養するあいだ、ソラを対戦相手に練習したいという。

 たまきに代わって剛速球を投げ込み、さらにトレーニングの指導をしたりしながら、部員たちと汗を流すソラ。一方たまきは、肘の治療のためには手術が必要で、手術をすると大会までに復帰できないことを病院で聞かされる。かなめにとって最後の大会のために、無理を押してでも投げたい、というたまきだったが、かなめはこれからも野球を続けるために手術を受けるように説得する。

 偶然にもたまきの手術当日と重なった大会初日。横断幕を持ち、応援にやってきたソラたちだが、そこでたまきが病院を抜け出してしまったことを知らされる。

 『ひろがるスカイ!プリキュア』は、ABCテレビテレビ朝日系にて毎週日曜8時30分放送。

テレビアニメ『ひろがるスカイ!プリキュア』第35話場面写真 (C)ABC-A・東映アニメーション