北朝鮮が戦術核攻撃潜水艦とする『金君玉英雄』号。司令塔の後方に計10個の垂直発射管搭載する(写真:朝鮮通信/共同通信イメージズ)
北朝鮮が戦術核攻撃潜水艦とする『金君玉英雄』号。司令塔の後方に計10個の垂直発射管搭載する(写真:朝鮮通信/共同通信イメージズ)

9月6日北朝鮮は「戦術核攻撃潜水艦」の進水式を行なった。艦名は「金君玉英雄」。通常動力型潜水艦で、司令塔の後方に垂直ミサイル発射機10個を背負う。そのうち大きな4個は射程800kmのKN23、小さい6個は射程距離推定1800~2000kmの長距離巡航ミサイル・ファサルだ。

【写真】潜水艦に乗る金正恩総書記

こうした北朝鮮の軍事動向に松野博一官房長官は記者会見で、「北朝鮮の軍事動向はわが国の安全保障にとって、従前よりも一層重大かつ差し迫って脅威になっている」と語った。

この北朝鮮潜水艦はどれほど恐ろしいのか。海上自衛隊潜水艦「はやしお」艦長、第二潜水隊司令を歴任した元海将で、現在は金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏に聞いた。

「まず、この両ミサイル用に必要な核弾頭の小型化はまだ完成しておらず、さらにこの潜水艦から撃てるかどうかも不明です。それ以前にちゃんと潜れるのかも疑問です。報道では進水式を行なったとありますが、これはつまり浮かんだだけ。現在の北朝鮮には、深く長時間潜れる大型潜水艦を作る技術はありません。この潜水艦も新造艦ではなく、旧ソ連が半世紀前に作ったロメオ級の改造です」(伊藤元海将)

世界中の海軍を取材し続けるフォトジャーナリストの柿谷哲也氏は、2016年にそのロメオ級を北朝鮮で目撃している。

「2016年に北朝鮮の南浦市が用意してくれたボート『シニエル2.27号』で、南浦の商業港、軍港、海軍基地、閘門を視察しました。北朝鮮労働党の監視員の指示により、軍港と軍艦造船所の撮影は禁止でした。しかしそこでは、4隻の033型ロメオ級に木の櫓(やぐら)が組まれ、大勢の作業員が青白い光をバチバチさせながら、溶接作業をしていたのが確認できました。その艦体の色は朝鮮中央通信の画像でよく見る緑色が三隻と、一隻が剥げた黒色だったと記憶しています。

ただし、今回発表された戦略潜水艦は黒色ですが、南浦は黄海側の基地ですので、同一の艦ではないと思います。北朝鮮はこれまでに、改造ゴルフ級、新浦級、新浦C級と、少なくとも3~4隻の戦略潜水艦を試作してきましたが、今回のはいずれとも違うNATOコードネームロメオ』と呼ばれる潜水艦を改造したものと推定します」(柿谷氏)

柿谷氏は北朝鮮の南浦港造船所で、陸に上げられたロメオ級潜水艦4隻が溶接作業をしているのを目撃した。もし撮影していれば、今も柿谷氏は北朝鮮に拘留中となるだろう(写真:柿谷哲也)
柿谷氏は北朝鮮の南浦港造船所で、陸に上げられたロメオ級潜水艦4隻が溶接作業をしているのを目撃した。もし撮影していれば、今も柿谷氏は北朝鮮に拘留中となるだろう(写真:柿谷哲也)

潜水艦はそう簡単に建造できるものではないらしい。

潜水艦は長時間潜れないと意味はない。長時間水圧に耐えて潜り続けるためには、まず内殻に使う鉄が極めて重要です。柔軟性があるが堅いという高張力鋼を作る能力がないと始まりません。次にこの高張力鋼の分厚い板を完全な真円に曲げる技術。そして1ミリの隙間も入らないように溶接する技術。この3つの技術がそろわない限り、現代戦を戦う潜水艦は作れません。特に溶接技術は潜水艦保有国にとって秘中の秘です。ほんのわずかな隙間があっても、水圧により一瞬で圧壊してしまいますからね」(伊藤元海将)

この戦術核攻撃潜水艦「金君玉英雄」は、司令塔の後方にミサイル垂直発射機VLSを積載する。報道写真を詳細に分析した柿谷氏はこう言う。

「2021年に公表されたVLS搭載潜水艦『8.24英雄艦』と異なり、033型の特徴を大きく残しています。ただし艦首のソナー部、潜舵まで約30mをぶった切っており、艦首形状が大きく異なります。

セイル部は階層を高くし、後部をVLSにしたのが特徴。潜舵を艦首からセイル部に移設し、VLSを設けるなど大改造を行なったようです。前縁のフィレットはバージニア級やそうりゅう型など、昨今の流行を採用したと見える。艦首を短くしたのは、おそらくVLS増設による船体重心の位置を変更するため。試作した新浦級、新浦C級の試験の結果で判断したと思われます」(柿谷氏)

その大元はこの旧ソ連ロメオ級潜水艦。凄まじい切り貼りパッチワーク的な改造がなされている事が分かる(写真:北朝鮮公式)
その大元はこの旧ソ連ロメオ級潜水艦。凄まじい切り貼りパッチワーク的な改造がなされている事が分かる(写真:北朝鮮公式)

つまり元のロメオ潜水艦の船体のあちらこちらを切り取り、溶接して継ぎ足して作られたらしい。まさに継ぎ接ぎだらけのパッチワークだ。

「VLSの大きな発射管は北朝鮮イスカンデル『KN23』と推定されます。しかし、KN23は全長が9m。潜水艦の艦殻は直径5m。なので外殻、内殻を貫く立孔を開けて、溶接でつないでいるのでしょう」(伊藤元海将)

北朝鮮潜水艦用の超高度な溶接技術を持つかどうか分からない。切り札のVLS周りから圧壊が発生する可能性がある。

潜水艦は潜水するたびにすさまじい水圧がかかり、潜水浮上や深度変換を繰り返すつど、艦体は収縮・膨張の繰り返しになります。海自潜水艦は3年に一度、徹底的に艦体を調べますし、20年程度で用途廃棄にしています。金属疲労は想像以上に激しく、これを放置しておくと間違いなく潜った際に圧壊します」(伊藤元海将)

公開された情報だと、ロメオ級は1957年から1984年まで作られていた。一番新しい艦でも艦齢40年だ。

「今回は進水式で海には浮かびましたが、潜水はこれから。私だったら、怖くて絶対に乗りません」(伊藤元海将)

では、この北朝鮮・戦術核攻撃潜水艦「金君玉英雄」は何をするために作られたのか。伊藤元海将は「北朝鮮海軍の士気高揚のため」だと推測するが、使い方といえば記念広場に展示するくらいなのか......。

「2017年の軍事パレード北朝鮮は、海岸や海上で様々な火器を使う派手な演出をしました。その中には、浮上しているロメオ潜水艦が魚雷で島を攻撃し、派手に爆発するという演出がありました。しかしこれは、潜った状態では魚雷発射ができなかったからでしょう。そもそもロメオ級は、現代におけるスノーケル充電ができる潜水艦ではなく、夜間は水上航走で移動し、昼間半日だけ潜るという"可潜艦"にすぎませんから」(伊藤元海将)

潜水艦と呼んではいるものの、実態は「水上艦」だ。

「また、初めてSLBMを発射した北朝鮮の小型潜水艦ゴレ級は、『金君玉英雄』と同じように司令塔のところに発射筒が一本ありました。しかし発射実験をするたびに潜水艦自体が壊れるので、そのまま修理に入っています。韓国当局は『正常運用不可能』と分析しています」(伊藤元海将)

ロメオ級潜水艦に乗る、金正恩総書記。9月13日にウラジオストックで、プーチン露大統領と首脳会談を行なった(写真:北朝鮮公式)
ロメオ級潜水艦に乗る、金正恩総書記。9月13日にウラジオストックで、プーチン露大統領と首脳会談を行なった(写真:北朝鮮公式)

ならば一安心かと思いきや、もうひとつの可能性が浮上した。

「私が現役のころ、韓国海軍潜水艦隊司令部を訪問したことがあります。そのグラウンドには、拿捕した工作員潜搬入用潜水艇ユーゴ級が置いてありました。司令官とともに艇内に入って、思わず『北朝鮮軍人の精神力はすごい。日本人ならこの狭くて信頼性の低い潜水艇には怖くて乗れない』と言ったら、司令官も『韓国も同じだ』と答えました。

そもそもユーゴ級などの小型潜水艦は潜望鏡で陸上目標を確認しながらゆっくり動き、夜間に韓国領海に入り、韓国の灯火を頼りに工作員を上陸させる作戦に使ってきました。可潜艦であるロメオ級も、韓国の商船などを狙う通商破壊に使うものであり、もし外洋で韓国海軍と対峙したらただのターゲットになるだけでした。つまり浅深度での運用しか考えたことがなかったのでしょう」(伊藤元海将)

その証は北戦術核攻撃潜水艦『金君玉英雄』にも見て取れる。

「潜望鏡深度の浅い深度から発射か、もしくは潜舵が潜る程度に浮上させた状態で発射するものだと推定できます。『金君玉英雄』のVLSの蓋の高さより、潜舵がやや低いことがそれを示しています」(柿谷氏)

ただ、潜れない北潜水艦と推定していたら、事態が急転した。9月13日に極東ロシアのウラジオストクで、プーチン大統領金正恩総書記の首脳会談が行なわれたのだ。

ロシアが求める軍事物資(榴弾砲、戦車用の砲弾)を全て北朝鮮が提供。その見返りに、北朝鮮は大陸弾道弾ミサイル人工衛星、原潜、戦闘機の開発技術支援を受けるとされている。もしこれらが全て提供されれば、北のミサイル潜水艦技術は飛躍的に進化する。

「北はロシアに『ミサイル技術をくれ』と要求しているはずです。今でもスカッドER、ノドン数百発は日本をターゲットとしたミサイルですから、ミサイル防衛などで対応する必要があるのです」(伊藤元海将)

また、潜水艦技術が進化すれば、「金君玉英雄」が浅い海から搭載各種弾道ミサイル計10発の発射可能になる。日本の原発を狙った場合はどうなるのか。

「本当にそれが実行できたら大変なことになります。私がいつも言うとおり、原発周辺にPAC3を常時配備するなどの防衛措置は絶対に必要なのです」(伊藤元海将)

北朝鮮が将来、核弾頭大陸弾道弾ICBMを含む各種弾頭ミサイルを搭載した原潜を持ち、その上空を最新式の戦闘機が飛び始めるようになれば厄介だ。松野官房長官が記者会見で語った「一層重大かつ差し迫って脅威になっている」。この言葉が近い将来、現実になってしまうのか......。

取材・文/小峯隆生 写真/柿谷哲也

北朝鮮が戦術核攻撃潜水艦とする『金君玉英雄』号。司令塔の後方に計10個の垂直発射管搭載する(写真:朝鮮通信/共同通信イメージズ)