上半身裸の男性ピザ、そしてワニに纏わる画像がX(旧Twitter)や掲示板サイトであるRedditなどでネットミーム化し話題を呼んでいる。

 このミームは対戦格闘ゲーム『鉄拳』シリーズのファンの間でも話題となり、鉄拳プロジェクトのエグゼクティブプロデューサー/ディレクターである原田勝弘氏も反応するに至っている。

 ここ数日、SNS上を騒がせているこのネットミームの発端となったのは、Xでのふたつの投稿だ。

 ひとつは『サイバーパンク2077』にも出演した俳優のイドリス・エルバを文字ったIdris Elbowという名の偽アカウントの投稿。もうひとつは、ビデオゲーム好きな個人と思われるアカウントbootleggengarによる投稿となっている。

 この両者による10月1日の投稿が話題を呼び、後者は「this is what tekken looks like(『鉄拳』みたいだ)」というテキストを添えていたことで、格闘ゲーマーの間でも一気にミームとして広まった。

 この画像の明確な出自は明らかとなっていないが、フェイスブックアカウントの「Uncle Mike’s Photography」ではないかと調査し伝えているユーザーが複数いる。同アカウントは画像生成AIを活用したと見られるシュールな画像を多数投稿しており、この度投稿された画像もそのありえなさすぎる状況から、生成AIを活用して制作したものとして認識されている。

 投稿された画像は三枚組となっており、木々が生い茂ったアマゾンのようなロケーションで、上半身裸の男性が宅配ピザを食べようとしている傍ら、ピザの近くに大きなワニが描かれている画像から物語のような展開を構築。2枚目の画像ではワニにピザを強奪され、3枚目の画像では男性が華麗にワニを撃退するというドラマチックな組み写真に仕上がっている。

「ピザ&ワニ&上裸男性」のネットミームが『鉄拳』シリーズファンの間で話題に_001 「ピザ&ワニ&上裸男性」のネットミームが『鉄拳』シリーズファンの間で話題に_002 「ピザ&ワニ&上裸男性」のネットミームが『鉄拳』シリーズファンの間で話題に_003

(画像はUncle Mike’s Photography | Facebookより)

 画像が拡散を重ねるなかで、とくに3枚目の画像が『鉄拳』シリーズに似ていることに気付いたユーザーが原田勝弘氏にリプライを実施。追って「格闘ゲーム」の“当たり判定の分析”風のコラージュ画像がリプライされた。

 このリプライを受けて原田氏は「気持ちは理解できますが、それは2D格闘ゲームでのヒットの仕方です。TEKKENは3D格闘ゲームであり、ヒットした技の実際の軌道を、ファイターモデルの骨格(ボーン)に基づいて3D座標の三角関数で計算します。」と、『鉄拳』シリーズのエグゼクティブプロデューサー/ディレクターらしい正確なコメントで返答し、さらなる話題を呼んだ。

 はたして最新作でこの男性とワニが登場するのかは定かではないが、『鉄拳』シリーズの最新作『鉄拳8』の対象プラットフォームはPlayStation 5、Xbox Series X|S、PC(Steam)で、2024年の1月26日(金)に発売する予定だ。

『鉄拳8』バンダイナムコエンターテインメント公式サイトはこちら