画像はイメージ

画像はイメージ

滋賀県に住む50代前半の女性(教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収100万円未満)は、ある友人との絶縁エピソードについて語ってくれた。女性曰く、その友人とは小中高の時に親しかったが「社会人になってからは、そんなに付き合ってなかった」そう。というのも、

「友人は常時、彼氏がいて彼氏が忙しい時に、たまに私に連絡するような付き合いでした」

彼氏が構ってくれないときに連絡してくる友人に、自分勝手さを感じていたことだろう。案の定、大人になっても同じようなことで嫌な思いをさせられてしまう。(文:真鍋リイサ)

「昔から自分の都合を押し付けてくる子で、付き合いに疲れてしまって」

その友人が結婚式を行うということで、

「結婚する一年ぐらい前に、『結婚式に来て』と言われ、『いいよ』と口約束はしました」

しかしその後、口頭で伝えられた結婚式の日程と女性の親戚の法事が被ってしまった。「父親が体調が悪く、母が行けない代わりに一人娘の私が出席しないといけない」という事情もあり「やんわり、お断りをした」が、なんと女性はその友人に「責められました」と明かす。

「共通の友人も同じ日に結婚式を挙げることになったそうで、友人がそちらに流れる可能性が高かったらしくどうしても出席してほしい』と言われました」

口頭で断ったにもかかわらず招待状まで送られる始末で、

「すぐに不参加で返送させていただきました。悪い子ではなかったんですが、昔から自分の都合を押し付けてくる子で、なんか付き合いに疲れてしまって、疎遠になりました」

自己中心的な人といることは疲れるだろう。

キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことがある人」をテーマアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG

結婚式に「どうしても出席してほしい」という友人 断ったのに招待状を送ってきて……