株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下 FRONTEO)は、この度、長島・大野・常松法律事務所の深水大輔氏がオーガナイザーをつとめる「5th White Collar Crime Workshop 2023」にて、当社のリーガルテックAI事業本部 グローバルセールス エグゼクティブ兼FRONTEO USA データサイエンステクノロジーデパートメント シニア・ヴァイス・プレジデントの田中 志穂が登壇することをお知らせします。
 同ワークショップは、今年で第5回目をむかえ、ホワイトカラーによる犯罪「White Collar Crimeホワイトカラークライム)」について、米国、英国、日本、その他の国々の実務家および学識経験者の関心の高い以下のようなトピックを取り上げます。

<概要>

5th White Collar Crime Workshop 2023

日時:2023年10月20日(金)23:00 ~ 10月21日(土)7:15 【JST】

場所:在アメリカ合衆国日本国大使館(ワシントンD.C.)およびオンライン

主催:信州大学社会基盤研究所、在アメリカ合衆国日本国大使館

ウェブサイト:https://www.noandt.com/seminars/seminar20231020-2/

パンフレット:https://www.noandt.com/wp-content/uploads/2023/08/2023_1020_5.pdf

お申し込み:https://kaac.or.jp/wccw2023/

お申し込み締め切り:

会場参加 10月9日(月)10:00【JST】

オンライン参加 10月18日(水)10:00【JST】

<プログラム>

Session 1: White-Collar Enforcement Trends

10月20日 23:45 ~ 10/21 1:00 JST)

企業犯罪執行のトレンドと展望、Monaco Memoや最近のガイダンス等について、現役DOJ担当者と実務家、研究者が議論

■Moderator

Daisuke Fukamizu

Partner, Nagashima Ohno & Tsunematsu

Research Professor at Shinshu University

■Panelist

Brian Benczkowski

Partner, Kirkland & Ellis

Daniel Kahn

Partner, Davis Polk & Wardwell LLP

Lorinda Laryea

U.S. Department of Justice Acting Co-Principal Deputy Chief, DOJ Criminal Division, Fraud Section

Jennifer Arlen

Norma Z. Paige Professor of Law at New York University School of Law Founder and Faculty Director, Program on Corporate Compliance and Enforcement

Matthew Jacques

Partner & Managing Director, AlixPartners LLP

Session 2: Effective and Efficient Compliance Programs

(10月21日 1:15 ~ 2:30 JST)

効果的・効率的なコンプライアンス・プログラムの構築とその評価方法等

■Moderator

Samuel Buell

Professor of Duke University

■Panelist

Matthew Galvin

Counsel, Compliance & Data Analytics for the Fraud Section U.S. Department of Justice, Criminal Division

Eugene Soltes

Professor, Harvard Business School

Veronica Root Martinez

Professor, Duke University School of Law

Mark Schneider

Partner, Kirkland & Ellis

Session 3: Agile Governance

(10月21日 4:00 ~ 5:15 JST)

日本発の新しいガバナンスモデルであるAgile Governanceを紹介

■Moderator

Hiroki Habuka

Mori Hamada & Matsumoto

Former Deputy Director for Governance Strategy, METI

■Panelist

Tatsuhiko Inatani

Professor of Law at Kyoto University Visiting Researcher at RIKEN AIP

Maiko Meguro

Director International Digital Strategy and International Affairs,

Commerce and Information Policy Bureau

Kentaro Asai

Assistant Professor of Australian National University

Tetsuya Yamashita

Professor of Law at Kyoto University

Yuichiro Watanabe

A member of the Board, Japan In-house Lawyers Association

Session 4: Compliance and Investigation Using Data and Technology

(10月21日 5:45 ~ 7:00 JST)

データや最新テクノロジーを活用したコンプライアンスや調査について多方面の専門家を交えて議論

■Moderator

Jennifer Saperstein

Partner, Covington & Burling LLP

■Panelist

田中 志穂

FRONTEO リーガルテックAI事業本部 グローバルセールス エグゼクティブ

FRONTEO USA データサイエンステクノロジーデパートメント シニア・ヴァイス・プレジデント

Vincent Walden

Kona AI CEO

Sidney Bashago

Partner, Davis Polk & Wardwell LLP White Collar Defense & Investigations

FRONTEOについて URL: https://www.fronteo.com/

FRONTEOは、自社開発AIエンジン「KIBIT(キビット)」を用いた多様なAIソリューションとサービスを提供するデータ解析企業です。「記録に埋もれたリスクとチャンスを見逃さないソリューションを提供し、情報社会のフェアネスを実現する」ことを理念とし、膨大な量のテキストデータや複雑なネットワークの中から意味のある重要な情報を抽出して、エキスパートの高度な判断を支援する自然言語処理ならびにネットワーク解析技術を強みとしています。リーガルテックAI、ビジネスインテリジェンス、ライフサイエンスAI、経済安全保障の各領域で事業を展開し、さまざまな企業の課題や社会課題の解決に貢献しています。2003年8月創業、2007年6月26日東証マザーズ(現:東証グロース)上場。日本、米国、韓国、台湾で事業を展開。第一種医療機器製造販売業許可取得、管理医療機器販売業届出。資本金3,042,317千円(2023年3月31日時点)。

FRONTEO、KIBITはFRONTEOの日本における登録商標です。

配信元企業:株式会社FRONTEO

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ