10月29日(日)、鈴鹿サーキットにて開催される「2023年全日本スーパーフォーミュラ選手権」(以下、「SUPER FORMULA)」最終レースにて、「サーキットで会いましょう」の番組MCであり、「スーパーフォーミュラ広報大使」である日向坂46の富田鈴花が、国歌独唱することが決定した。レース開始の直前に行われる国家独唱において、「SUPER FORMULA」史上初となる現役女性アイドルによる歌唱となる。

【写真】史上初となる現役女性アイドルによる歌唱となる「SUPER FORMULA」

富田は、今回の国歌独唱決定について、以下のような意気込みのコメントを寄せている。

また、2017年にアジア人として初めて世界3大カーレースのひとつ「インディ500」で優勝、2020年に2度目の制覇をしたレーシングドライバーの佐藤琢磨が、10月29日(日)の「SUPER FORMULA」の実況解説者を務める。

■「サーキットで会いましょう」とは

情報番組「サーキットで会いましょう」(全8回)は、「SUPER FORMULA」のレース開催にあわせ、サーキットにまつわるさまざまな魅力、参戦するドライバーの魅力はもちろん、ドライバーやレース関係者がおすすめするサーキット周辺の「食」「宿泊」「遊ぶ」スポットなどを発信しており、富田は、本番組を通じて「SUPER FORMULA」の魅力をより多くの方に伝える「スーパーフォーミュラ広報大使」として番組MCを務めている。

■富田鈴花<日向坂46>コメント

このたび、「SUPERFORMURA鈴鹿大会」にて国歌独唱というすてきな機会をいただけて、とても光栄です。

最初、お話をいただいた時は、うそか本当かわからないくらい驚いたのですが、今もまだ本当なのか、夢みたいで実感がないです!

昨年からスーパーフォーミュラの魅力をもっとたくさんの方に知っていただきたいと、番組のMCという大役を務めさせていただいているのですが、またこのお知らせによって、スーパーフォーミュラをもっともっと盛りあげるきっかけになればうれしく思います。

国歌独唱を務めさせていただけることに、とても緊張しています!

日向坂46の名前を背負って、みなさんのなかにも、私としても大切な記憶に残る鈴鹿戦にしたいです!

「SUPER FORMULA」最終レースにて国歌独唱が決定した日向坂46の富田鈴花/(C)Seed & FlowerLLC