アニメ「プリキュア」シリーズ第20弾『ひろがるスカイ!プリキュア』(ABCテレビ・テレビ朝日系/毎週日曜8時30分)の第38話「大空を救え! 浮き島のひみつ」が、あす10月22日に放送。あらすじと場面写真が公開された。

【動画】「ハレバレジュエル」の輝きを取り戻せ 第38話予告映像

 本作のモチーフは果てしなく広がる「空」。テーマは「ヒーロー」。キーワードは「知ることで広がる世界」。天空の世界「スカイランド」と自然に囲まれた「ソラシド市」という二つの都市を舞台に、新たなプリキュアたちが活躍する姿が描かれる。

 主人公のソラ・ハレワタール/キュアスカイを関根明良、虹ヶ丘ましろ/キュアプリズムを加隈亜衣、夕凪ツバサ/キュアウィングを村瀬歩、聖あげは/キュアバタフライを七瀬彩夏、スカイランドの幼き王女・エル/キュアマジェスティを古賀葵が演じる。

■第38話「大空を救え! 浮き島のひみつ」あらすじ

 スカイランドの鳥たちの道しるべとなっていた「ハレバレジュエル」の光が突然、消えてしまった。王様と王妃様はヨヨに原因究明を依頼するが、ヨヨは「もっと適任な人物がいる」と、その役目にツバサ(CV:村瀬)を指名する。

 さっそく、ハレバレジュエルが置かれている浮島を目指すことにしたソラ(CV:関根)たち。しかしハレバレジュエルは「永遠に輝く石」として知られていたが、浮島のまわりには分厚い雲と乱気流が渦巻いており、実物を見たものも誰もいなかった。

 ソラたちは付近で開催されていたバザーで、ツバサが風を読むから、と遊覧鳥を説得し、浮島に向かう。するとツバサは見事に風を読み切り、浮島の上空に出ることができた。

 上陸したソラたちは、浮島の中央にある塔の頂上を目指すが、そこで大きな足跡がいくつも残されているのを見つける。

 『ひろがるスカイ!プリキュア』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて毎週日曜8時30分放送。

テレビアニメ『ひろがるスカイ!プリキュア』第38話場面写真 (C)ABC-A・東映アニメーション