タレントのデヴィ夫人10月27日、自身のInstagramを更新。全国にクマの出没が相次ぎ、人身被害が続出していることについて触れ、「日本では銃殺してしまう。可哀想です」と持論をつづった。

デヴィ夫人はこの日、「クマによる 人身被害が 頻繁に起きています。亡くなられた方々 なんと傷ましくお気の毒なことか」とした上で、「普段は山奥にいるクマ、気候変動によるドングリの不作により、冬眠前の お腹を空かした クマ達が里に降りてくる。そして 人間との不意の出会いがおき、悲劇が」と、クマの出没が増えている現状についてコメント。

そして「アメリカでは、クマを 麻酔銃で捕獲し、沢山の果物などの食物をつけて 山に帰してあげます。日本では銃殺してしまう。可哀想です。日本もアメリカに習うべきでは ないでしょうか」と、捕獲後のクマの扱いに疑問を呈した。

ただ、この意見には「日本とアメリカの国土の違いがわからないのかな」「餌付けしちゃうの?」「街中でエンカウントするんだよ? ヤバいのわからない? 死ぬよ?」「たまに出てくるイノシシとかシカには言わないくせに」など多くの否定的な声が上がっている。