サラリーマンが給与アップを実現する方法の1つに、「出世する」というものが挙げられます。見事役職者となって給与アップを実現すれば、将来受け取る年金額も増えることになります。実際、平社員→係長→課長→部長とステップアップするにしたがって、給与はどれほど増えるのでしょうか。統計を基に詳しくみていきましょう。

サラリーマンが「収入アップ」を実現する方法

会社員の主な収入源である会社からの給与。多ければ多いほどうれしいものですが、サラリーマンがより多くの給与を受け取るためには、どんな方法が考えられるでしょうか。

1つは、長く働くこと。「年功序列」の賃金体系が色濃く残る日本では、年齢を重ねるほど給与も増える傾向が強く、20代前半の新入社員と定年目前の50代後半のベテラン社員では月給・年収ともに2倍超の差がみられます。

厚生労働省令和4年賃金構造基本統計調査』によると、大企業(従業員1,000人以上)に勤務する大卒・男性サラリーマン(平均年齢42.3歳)の平均給与は、月40万5,200円、賞与も含めた推定年収で705万円。給与水準は、20代前半の月給22万9,400円・推定年収374万円からスタートし、50代後半で月収50万6,600円・推定年収868万円とピークを迎えるまで年齢とともに右肩上がりで上昇していきます。

ただ、上の給与水準は、すべての産業・すべての役職の平均値です。同じ大企業で、役職に就く大卒・男性サラリーマンの推定年収をみてみると、「係長級」(平均44.6歳)で約772万円、「課長級」(48.5歳)で1,038万円、「部長級」(52.8歳)では約1,269万円にも上っており、同年代のサラリーマンの平均給与を大きく上回る水準です。

つまり平均値をみる限り、「役職に就く」ことは収入を増やすための有力な方法の1つといえそうです。

しかし、19年に株式会社パーソル総合研究所が行った調査(『APACの就業実態・成長意識調査』)で「いま勤めている会社で管理職になりたい」と回答した非管理職者の割合わずか21.4%。調査対象の14ヵ国のなかでも日本人の出世欲はひときわ低いことが明らかになっています。この背景には、多少給与が増えようと「重い責任を負いたくない」「仕事量と給与のバランスを考えれば平社員のほうが良い」という考えがあるのかもしれません。

とはいえ、やはり「生涯賃金」というような長い目でみてみると、出世できる能力を持ちながらも「平社員」に留まり続けるという選択をしたサラリーマンは、多くのものを失いそうです。

前出の厚生労働省の調査によると、役職なしの大卒・男性サラリーマンの給与がピークに達するのは50代後半で月45万7,900円。20代前半の月24万1,000円からは倍近くに増えているものの、最高年収783万円ほどでサラリーマン人生を終えることになります。

単純計算では、平均的なスピードで係長→課長→部長と昇進を重ねたサラリーマンと、平社員のまま定年退職することになったサラリーマンの間には生涯賃金にして6,000万円もの差が生じることになります。「責任を負いたくない」と平社員を貫くつもりだった人も、これだけの差が付くことを知れば、考えを改めたくなるのではないでしょうか。

【大卒サラリーマン「役職なし」の給与の推移】

20~24歳:24万1,000円/369万円

25~29歳:28万4,600円/514万円

30~34歳:33万3,700円/601万円

35~39歳:37万8,700円/682万円

40~44歳:39万8,500円/703万円

45~49歳:42万3,600円/735万円

50~54歳:45万5,800円/794万円

55~59歳:45万7,900円/783万円

出所:厚生労働省令和4年賃金構造基本統計調査』 左:所定内給与額/右:推定年収

サラリーマン引退後も…最期まで続くエリート社員と平社員の収入の差

さらに、サラリーマン時代の給与の差は、65歳から受け取れる年金額に跳ね返ってくることも見逃せません。元会社員が受け取れる老齢厚生年金を構成する「報酬比例部分」は、現役時代の給与を基に計算されるためです。

「報酬比例部分」は、2003年3月以前は①「平均標準報酬月額×7.125/1000×2003年3月以前の加入月数」、2003年4月以降は②「平均標準報酬額(標準報酬月額+標準賞与額)×5.481/1000×2003年4月以降の加入月数」によって計算します。

厚生年金の基本となる平均標準報酬額として、順調に出世したサラリーマンの「65万円」、平社員の「56万円」を基に計算すると、出世したサラリーマンが受け取る年金額が厚生年金部分が13万1,000円、満額の国民年金と合わせて月20万円ほどであるのに対し、平社員の場合は厚生年金部分11万3,000円、国民年金との合算で18万円ほど。

両者の差は月2万円ほどに過ぎず、「なんだ、その程度か」と考える人もいるでしょう。しかし、男性の平均余命を考慮すると、生涯を通じた年金受給額には「450万円」もの差が。生涯賃金で6,000万円もの差を付けられたエリート同期との収入の差は、最期まで埋められない公算が大きそうです。

管理職になったとしても、給与に見合わぬハードワークを要求されて心身に不調を来すようなことがあっては本末転倒。志向するライフスタイルもさまざまでしょうから、一概に「サラリーマンなら全員出世をめざすべき」と言い切れるものでもありません。

とはいえ、あくまでも平均値をみる限りでは、収入に関しては「出世組」に分があることはたしか。

収入アップをめざして転職を検討する人も多いでしょうが、厚生労働省の調査によれば、転職で給与が「増加した」人は約4割にとどまります。同じく約4割の人が給与が「減少した」経験をし、うち1割は「30%以上減った」としています。少しでも給与に不満を抱いているのであれば、「一発逆転の転職」に望みをかけるよりも、コツコツと実績を積み上げて「出世」をめざすほうが、収入アップを実現できる可能性は高そうです。

(※写真はイメージです/PIXTA)