菅野美穂が主演を務める木曜ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※日本シリーズ中継のため同番組は放送時間変更、または休止になる場合あり)の第3話が11月2日に放送される。

【写真】夜に楽しそうに過ごす木戸大聖“伴”と菅野美穂“ゆりあ”

■「ゆりあ先生の赤い糸」とは?

同ドラマは、2023年の「第27回手塚治虫文化賞」で頂点となる「マンガ大賞」に輝いた入江喜和氏の「ゆりあ先生の赤い糸」(講談社)が原作。夫の介護、愛人との同居、嫁姑問題などを痛快に乗り越える、かつてない地味でタフで明るい、平凡な“主婦ヒロイン”の姿を描く。

■菅野美穂ら、登場人物の役柄を詳しく紹介!

菅野が演じるのは、心優しい売れない小説家と結婚した主婦・伊沢ゆりあ。また、ゆりあの夫・伊沢吾良を田中哲司が、ゆりあの夫・伊沢吾良の“彼氏”である箭内稟久を鈴鹿央士が演じる。

さらに、松岡茉優がゆりあの夫・伊沢吾良の“彼女”である小山田みちるを演じる他、吉瀬美智子、木戸大聖、志田未来、宮澤エマ、白山乃愛、三田佳子も出演する。

■菅野美穂“ゆりあ”、鈴鹿央士“稟久”(鈴鹿)らと同居生活へ…第3話のあらすじ

未だ昏睡状態にあり、回復の目途が立たない夫・吾良(田中)の“彼氏”稟久(鈴鹿)と“彼女”みちる(松岡)に向かって、3年を一区切りに同居しながら自宅介護を手伝ってほしいと切り出したゆりあ(菅野)。みちるへの敵対心をあらわにする稟久は断固拒否し、伊沢家への出入りを断念する。その直後、稟久から別れのキスを受けた吾良が突然目を開け、涙を流した。心が揺らいだ稟久は、同居については一旦保留にするも、引き続き介護のため伊沢家へ通うことに。

一方、経済的に困窮していたみちるは、まに(白山)とみのん(田村海夏)と共に、伊沢家で本格的な同居を開始する。ところが、ゆりあがわずかな希望を託して始めた“新しい生活”は、想像以上にさまざまな感情がもつれ合っていく。というのも、みちる親子との同居には義母・節子(三田)も義妹・志生里(宮澤)も懐疑的。稟久とみちるの仲も相変わらず険悪で、一向に歩み寄る気配がない。

そんな七転八倒な日々の中、ゆりあ自身の生活にも新たな変化が訪れる。自宅介護用の改装で世話になった若き便利屋で、ゆりあと同じ名前の幼き息子・優里亜(佐藤大空)をワンオペで育てる子煩悩な父でもある優弥(木戸)に、刺繍を教えることになる。

■菅野美穂“ゆりあ”「離婚は本当に考えてるから」

公式ホームページの予告動画では、ゆりあが「離婚は本当に考えてるから」と語る。夫の“彼氏”稟久と“彼女”みちるとの奇妙な共同生活が始まる中、稟久は「あの女をここに置くこと、基本大反対ですからね」と話す。

一方、みちるはそんな稟久に対して「吾良さんのことは心配しないでくださいね」と告げる。まにが「稟久くん、吾良さんパパの彼氏なんでしょ」と尋ね、みちるが驚いた様子を見せる。そして、伴と出かけることになったゆりあは、「途中で投げ出すのは自分が格好悪くなるみたいでクソむかつくから」と思いを吐露する。

さらに、「今日先生に会いたいから来たんだけど」と告げる伴の姿や、「慰め合いみたいのだったらいらないから」と言い放つゆりあの姿が見られる他、「よく平気でいられるね」と疑問を抱く志生里の姿が映し出されている。

「ゆりあ先生の赤い糸」第3話より/(C)テレビ朝日