倉悠貴が主演する品川ヒロシ監督作『OUT』(11月17日公開)より、“OUT”な世界を生き抜く強烈キャラたちのキャラクター映像9種が公開。さらに、芸人やアーティストから応援コメントも到着した。

【動画】一番“OUT”なヤツは誰? 映画『OUT』キャラクター映像9種

 本作は、累計発行部数670万部を突破する同名漫画を品川ヒロシ監督が実写映画化したもの。主人公・井口達也役を倉、暴走族「斬人」総長の丹沢敦司役を醍醐虎汰朗、副総長の安倍要役を水上恒司、特攻隊長の長嶋圭吾役に與那城奨(JO1)、親衛隊長・目黒修也役に大平祥生(JO1)、期待のルーキー・沢村良役に金城碧海(JO1)、ヒロインの皆川千紘役を与田祐希(乃木坂46)が演じる。

 “狛江の狂犬”と恐れられた伝説の超不良・井口達也が、少年院から出所した。地元から遠く離れた叔父叔母の元、焼肉店・三塁で働きながらの生活を始めるが、次けんかをすれば一発アウト。そんな彼の前に現れたのは、暴走族「斬人」副総長の安倍。この出会いが達也の壮絶な更生生活の始まりだった。暴走族の抗争、新しい仲間・家族との出会い、守るべきものができた達也の進む道は―。

 今回到着したのは、本作に登場するクセ強なキャラクターたちが集合したキャラクター映像9種。達也(倉)編、要(水上)編、千紘(与田)編では、少年院から出てきたばかりの達也が初めて「斬人」メンバーらと出会ったときのピリピリした空気感や、要と絆を深めていく様子、千紘からビンタをお見舞いされる強烈シーンなど盛り沢山で、手にした武器の短さをイジられる達也、ガタイもよく精悍なルックスにも映るが「ヒゲ面デカ男」と名付けられる要など、クスっと笑える要素も満載。本作で彼らがどんなドラマを紡いでいくのか、期待値が高まるものに。

 達也と次第に絆を深めていく暴走族「斬人(キリヒト)」メンバーたち、特攻隊長の長嶋圭吾(與那城)編、親衛隊長・目黒修也(大平)編、期待のルーキー・沢村良(金城)編、そして彼らを束ねるカリスマ性抜群の総長・丹沢敦司(醍醐)編、4人にフォーカスされた映像は、痺れるアクションシーンが満載で、見どころの1つである本作ならではの“痛さ”まで感じ取れる壮絶アクションの凄まじさを体感できる。それぞれ対照的な喧嘩スタイルの違いも一気見でき、劇場の大スクリーンでこのバトルアクションを目撃する瞬間が楽しみになるばかり。

 さらに、本作では達也を取り巻く大人たちのクセもかなり強め…少年院から出所する達也に「もう戻ってくるなよ」と声をかけて見送る教官(千鳥・大悟)編や、達也に目をつけいびり続ける少年課の刑事(シソンヌ・じろう)編もいい味を出しており、作品の中で独特なスパイスを効かせている。

 本作の公開が間近に迫る中、一足はやく映画を鑑賞した著名人らから、応援コメントが続々と到着している。品川ヒロシ監督のデビュー作で、本作の主人公である井口達也も登場する映画『ドロップ』(09)に主演しヒロシ役を演じていた成宮寛貴は「OUTになるか瀬戸際の中で、心が揺れる10代の青年達の熱い想いに引き込まれました。ウィットにとんだセリフ回しとテンポの良さ、流石のアクションのレベルの高さにあっという間の2時間で、改めて品川監督の世界観を感じました」と絶賛。

 ワールドワイドに活動し日本のロックシーンをけん引するミュージシャンのHYDEは「手に汗握って観てました〜。この喧嘩本当に痛いはず! キャラクターもそれぞれ魅力的で良かったなぁ。不良の曲を不良が作ってるのも良いね!」と評価。さらに、芸人・コメディアンとして世界へと羽ばたいたピースの綾部祐二、THE RAMPAGEの神谷健太、与那嶺瑠唯など豪華メンバーより多くのコメントが届いている。

 映画『OUT』は、11月17日より全国公開。

※応援コメント全文は以下の通り。

<応援コメント>

■綾部祐二(お笑いタレント)

品川ヒロシ監督、最新作『OUT』を拝見させて頂きました。ロサンゼルスで拝見させて頂きました! ストーリー、アクション、個性あるそれぞれのキャラクター全てunbelievableでした。映画を見終わった後、とりあえず、族車ではないですが愛車のハーレーでサンタモニカの海沿いを一人で爆走しました。どこにいようと、青春を思い出させてくれるAmazingな作品でした。

■小田結希/オダウエダ(お笑いタレント)

その人にとって必要な人間は、その人がちゃんと必要としている時にやってくる。達也にとっての水上たちがそうだと思った。バカだけどクズじゃない達也を応援したい。斬人の気持ちが痛いほど分かる。

■加藤るみ(タレント/映画コメンテーター)

本気だから、かっこいいんだな。本気だから、笑えるんだな。声に出してワハハと笑えたヤンキー映画は初めてかも。ヤンキーと焼肉の親和性が強烈な飯うま映画でもあった。MTKG、食べたいなぁ…。

■金田哲/はんにゃ.(コメディアン)

最高に熱くて痛快で爽快な大満足エンターテイメントヤンキー映画でした!!! 所々に散りばめられている笑いも必見ですし、アクションがかなり高度なモノばかりで演者の身体能力が高いのでそこにも注目! 特に與那城くん、祥生くん、碧海くんの3人が本当にかっこ良すぎました!!!

■神谷健太(THE RAMPAGE)

品川ヒロシさんの作品を中学生の時に観ていて、興奮していたのを今でも覚えています。その当時一緒に見ていた奨がまさか作品に出演しているなんて、中学生の僕達に声を大にして言いたいです! 仲間や家族ができて、責任ができた男の1つの道が凄くワクワクしました! 是非皆さんにもこのワクワクや感動を楽しんで頂きたいです!

■坂井真紀(俳優)

ヤンキー君たちの将来を心配しちゃうお年頃の私ですが、力強く、熱い、純粋ってやつを、心のど真ん中にいただき、いくつになっても、これにはやられちゃうな、と涙ぽろぽろ。お恥ずかしながら、あっちゃん推しです、とか言っちゃってます。

■そわんわん(Youtuber)

ほんとうに2時間もあったのかな? と思わせてくれるくらいにストーリーにアクション、終始ドキドキさせられっぱなしでした。どんなこともひとりで戦うのはしんどいから、だからこそ仲間が居て助け合っている。私たちもこう生きていくべきだと思うし、みんなひとりじゃないよと思わせてくれました。過去がどうであれ、それでも! の気持ちで生きていく姿が、たまらなくかっこいいです。

■成宮寛貴(俳優)

OUTになるか瀬戸際の中で、心が揺れる10代の青年達の熱い想いに引き込まれました。ウィットにとんだセリフ回しとテンポの良さ、流石のアクションのレベルの高さにあっという間の2時間で、改めて品川監督の世界観を感じました。

■HYDE(ミュージシャン)

手に汗握って観てました〜。この喧嘩本当に痛いはず!キャラクターもそれぞれ魅力的で良かったなぁ。不良の曲を不良が作ってるのも良いね!

■平井亜門(俳優)

ラスト20分、超絶アクションの入り乱れに滾ること間違いなし! 観終わった今なんだか筋トレしたい気分です。ぜひ大きなスクリーンで演者の熱を受け取ってください!

■屋敷裕政/ニューヨーク(お笑いタレント)

僕は不良のことが全然好きじゃないですけど、この映画は最高でした! とにかく三角絞めをキメて、今すぐ焼き肉食べたくなりました! あと映画観た後、ハマりすぎて3日間で漫画「OUT」全巻読みました。

■与那嶺瑠唯(THE RAMPAGE)

THE RAMPAGEの与那嶺瑠唯です! 周りの人たちとぶつかり合いながら、自分にも周りにも変化を感じて、喧嘩(青春)を通して成長していく胸が熱くなる物語に、拳握りしめながら観てました。あと、ショウの髪型が似合ってました!笑

是非たくさんの方に観ていただきたい作品です。

映画『OUT』メインカット (C)2023『OUT』製作委員会