ギネスワールドレコーズジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区/本社:イギリス)は、本日11月16日、挑戦者を称える『ギネス世界記録の日』に、書籍『ギネス世界記録2024』日本語版が発売されたことを報告します。

書籍『ギネス世界記録2024』日本語版発売!


 年鑑本『ギネス世界記録2024』日本語版では、今年、車いすテニスで次々と最年少記録を打ち立て、世界をあっと言わせた小田凱人選手、ギネス世界記録公式インスタグラムで紹介され375万いいねを獲得するなど、話題となった日本の中学3年生きらとんの縄跳び8重跳びなど、日本で達成された記録の数々が掲載されています。また、世界からは最長の牛や、中学生男子が伸ばした最大のアフロヘアなど驚きに満ちた記録が紹介されています。

掲載記録を一部ご案内

  • グランドスラム 車いすテニスシングルス最年少優勝者(男子) (記録数値:17歳33日)など4つの記録達成・・・車いすテニス 小田凱人選手

  • 縄跳びでの最多重跳数 (記録数値:8回/記録保持者:日高煌人/日本)

  • 最長のラップマラソン(個人) (48時間1分10秒/Poney/日本) 

  • 最も背の高い雄牛(記録数値1.87m/トミー/アメリカ)

  • 最大のアフロ(男性)(高さ19.67cm、幅24.83cm、円周226cm/アミール・メネンデズ/アメリカ)

  • 最長の髪のティーンエイジャー(男性)(130cm/シダックディープ・シン・チャハル/インド

書籍『ギネス世界記録2024』は、ギネス世界記録公式サイトで詳しく紹介しています。

https://www.guinnessworldrecords.jp/2024

ギネス世界記録の日を祝って行われた数々のスゴ技挑戦!

書籍累計発売数が1億冊を超えたことを祝し、2004年に始まったギネス世界記録の日(GWR Day)は、挑戦者を称え、祝う日です。例年、ギネス世界記録の日にあわせて、世界各国で様々な記録挑戦が行われます。

日本からはTikTokフォロワー45万人以上など人気のけん玉パフォーマー、ゆーだまさんによる3つのけん玉記録挑戦と、ペアで逆立ちし、息をあわせてロープを飛ぶダブルダッチ挑戦が行われました。

記録挑戦例

  • イギリスピックアップトラック片輪走行で通り抜けた最も狭い隙間 (数値:88cm/挑戦者ポール・スウィフト )

  • アメリカ:ポゴスティックによる最も高い後方宙返りジャンプ (3.07m/ヘンリー・カベラス)

  • 中国:連続して片足後方宙返り1回ひねりを行った最多数 (11回/周铨)

  • 日本:連続して行ったダブルダッチスタイル逆立ちスキップ最多数(2人チーム) (32回/金子寧々&橋本昌和

  • 日本:1分間でけん玉でもしかめを行った最多回数 (307回/ゆーだま)

  • 日本:1分間にけん玉でツーインワンもしかめを行った最多回数(226回/ゆーだま)

  • 日本:連続して行ったけん玉10連大皿の最多回数(17回/ゆーだま)

GWR Dayを祝して行われた挑戦は、公式SNSで紹介予定です。

                         ***

ギネス世界記録とは:

「ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか? 」---この問いをきっかけに、1955年ギネス世界記録が設立されました。スポーツクラブの階上にある一室で世界一をまとめた1冊の書籍として産声をあげたギネス世界記録は、現在、ロンドンに本社を置き、ニューヨーク、東京、北京、ドバイにオフィスがある世界的なブランドへと成長しました。今では書籍のみならず、テレビ、デジタルプラットフォーム、イベントなどあらゆるメディアを通じて、世界一の情報を発信しています。また挑戦を通したプロモーションプラニングを行っており、ブランド構築や顧客エンゲージメントなどに使用されております。ギネス世界記録は、あらゆる人々――個人、家族、学校、団体、会社、地域、国――に対して、世界記録の情報を発信し、また記録挑戦を通じて、刺激となる存在になることをその活動の目的としています。より詳しくギネス世界記録をお知りになりたい方は:http://www.guinnessworldrecords.jp/

日本オフィスは2010年に開設され、日本語での申請受付や、「町おこしニッポン」などのプロジェクトを展開しています。

★公式Xや公式Instagramでは、世界中で達成される記録を紹介しています。

https://twitter.com/gwrjapan

https://www.instagram.com/GWRjapan/

                        ***

(C)2023 Guinness World Records Ltd.

書籍『ギネス世界記録』について

世界中の一番を審査・収集しているギネスワールドレコーズは、毎年その記録を一冊にまとめて出版しています。1955年に初めて刊行された書籍『ギネス世界記録』は累計発行数1億5,100万部となり、40の言語に翻訳され、世界100カ国以上で発売されてきました。

【書籍概要】

タイトル:『ギネス世界記録2024』

発売日:2023年11月16日

定 価:3,960円(本体3,600円+税)

発 行:株式会社角川アスキー総合研究所

発 売:株式会社KADOKAWA

判 型: A4変形判 オールカラー  

ページ数:264ページ 

配信元企業:Guinness World Records Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ