堀江貴文

実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が16日、公式YouTubeチャンネル『堀江貴文 ホリエモン』を更新。宝塚歌劇団の宙組に所属していた女性の転落死をめぐる、歌劇団の問題点について解説した。

 

■調査チームが聞き取り調査

女性は9月30日宝塚市内のマンションの敷地内で倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認された。自殺したものとみられている。

歌劇団は弁護士らで構成する調査チームを設置し、宙組の劇団員らを対象に聞き取り調査を行っていた。

 

関連記事:堀江貴文氏、宝塚歌劇団の闇に言及 「ジャニーズどころじゃない何かが眠ってそうな」

■会見に疑問や批判の声

女性の遺族の代理人は、月250時間を超える時間外労働などの長時間労働や、複数の上級生によるパワハラが原因となったと主張し、歌劇団と、運営する阪急電鉄に対して謝罪と補償を求めていた。

しかし歌劇団側の会見では、長時間労働については認め、興行数を減らす方針などを明かした一方で、「故人に対するパワハラやいじめはなかった」と否定。中には聞き取り調査を拒否した劇団員もおり、インターネット上などでは歌劇団に対する疑問や批判の声もあがっている。

 

関連記事:YOSHIKI「業界、大変だね…」 エージェント契約とマネジメント契約について言及

■「そういう体質の組織」

以前にも、スマイルアップ(旧・ジャニーズ事務所)の性加害問題について解説した際、歌劇団の闇にも言及していた堀江氏は、「そういう体質の組織だったんだろうなと」と話す。

さらに、「ジャニーズの問題と比べて、何が問題かというと、宝塚歌劇団という独立した劇団があるみたいな感じに思われるかもしれませんが、阪急電鉄の一部門なんですね。少なくとも数十億円の利益貢献をする、儲かっている事業」と説明する。

関連記事:宝塚歌劇団の緊急会見 「ヘアアイロンの火傷は日常茶飯事」に違和感の声が相次ぐ

■株価への影響も?

阪急電鉄の親会社は上場企業の阪急阪神ホールディングスであり、その中でも歌劇団などのエンタメ部門の事業は「大きな収益源になっている」と指摘。

「その部門がコンプライアンス軽視ということで、上場企業としていかがなものかと。そういったこともあって、より厳しい目で見られるかもしれませんし、今後、こちらの会社の株価とかにも大きく影響を与えてしまう、一つの要因になるんじゃないかなと懸念しております」と語っていた。

 

関連記事:堀江貴文氏、ジャニーズ問題でテレビ関係者から“要求” 「ジュリーさんを…」

■「衝撃だった」「生まれ変わってほしい」の声

堀江氏の解説に、ユーザーからは「宝塚が阪急電鉄の一部だったのは知りませんでした」との声や、「上場企業でこのコーポレートガバナンスでこの会見は衝撃だった」「グループ全体から見れば宣伝広告部門の扱いだしジャニーズ単体と違って致命傷になる収益源じゃないからあの態度の会見になったわけで。残念ですが」といったコメントが。

また、「あの記者会見は酷すぎる。反省どころか反論とも受け取れた。あれでは故人やご家族が浮かばれない」「あった前提で調査するのか。なかった前提で調査するのかで全く内容が変わってきますよね」との意見も。

「厳しすぎる環境で心にゆとりを持てない人たちが作る芸能に魅力は感じない。今回の事件は本当に悲しいけど、これをきっかけに生まれ変わって欲しい」と願う人も見受けられた。

 

■主な相談窓口

・いのちの電話

ナビダイヤル=0570-783-556(10時~22時

フリーダイヤル=0120-783-556(16時21時。毎月10日は8時~11日8時)

日本いのちの電話連盟(https://www.inochinodenwa.org)

■宝塚歌劇団の問題点について解説

堀江貴文氏、旧ジャニーズ問題よりヤバい? “宝塚歌劇団の闇”を指摘「知りませんでした…」の声