菅野美穂が主演を務める木曜ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第6話が11月23日(木)に放送される。

【写真】吾良(田中哲司)に寄り添うみちる(松岡茉優)のかわいい姿

■「ゆりあ先生の赤い糸」とは?

同ドラマは、2023年の「第27回手塚治虫文化賞」で頂点となる「マンガ大賞」に輝いた入江喜和の「ゆりあ先生の赤い糸」(講談社)が原作。夫の介護、愛人との同居、嫁姑問題などを痛快に乗り越える、かつてない地味でタフで明るい、平凡な“主婦ヒロイン”の姿を描く。

菅野美穂ら、登場人物の役柄を詳しく紹介!

菅野が演じるのは、心優しい売れない小説家と結婚した主婦・伊沢ゆりあ。また、ゆりあの夫・伊沢吾良を田中哲司が、ゆりあの夫・伊沢吾良の“彼氏”である箭内稟久を鈴鹿央士が演じる。

さらに、松岡茉優ゆりあの夫・伊沢吾良の“彼女”である小山田みちるを演じる他、吉瀬美智子、木戸大聖、志田未来、宮澤エマ、白山乃愛、三田佳子も出演する。

菅野美穂ゆりあ”、木戸大聖“優弥”との禁断の恋にのめり込む…第6話のあらすじ

未だ言葉も話せず寝たきりの状態ではあるものの、昏睡(こんすい)状態からは目覚めて徐々に回復の兆しを見せる夫・吾良(田中)。

同居する夫の“彼氏”稟久(鈴鹿)や夫の“彼女”みちる(松岡)、夫の“隠し子”かもしれないみちるの娘たちと共に介護に勤しむ一方、ゆりあ(菅野)はワンオペで息子を育てる若き便利屋・優弥(木戸)との“禁断の恋”にのめり込んでいく。

その矢先、みちるの長女・まに(白山)と一緒にバレエを習い始めたゆりあは、みちる親子と別居中のDV夫・源(前原滉)が教室の前をうろつく姿を目撃する。娘に会いたくても、みちるに無視され続け、つい無断で怪しい行動に出てしまったという源。まにのためにも、ゆりあ小山田夫婦に話し合いの場を持たせようとする。

一方、稟久も“あらぬ行動”に出る。どんな魂胆か、何かにつけてトラブルメーカーである吾良の妹・志生里(宮澤)に、自分が吾良の恋人だということはおろか、ゆりあが浮気中であることまでもリーク。しかも、裏事情を知った志生里が暴走し、ゆりあに“とんでもない提案”を投げかける。

さらに、ゆりあは図らずも優弥の父・伴博(宮藤官九郎)と初対面を果たすことに。しかも優弥が席を外して二人きりになった直後、博が発した“ある言葉”に、恋の幸せで満たされていたゆりあの心は人知れず揺らぎだす。

松岡茉優みちる”「ゆりあさんには関係ないです」

公式ホームページの予告動画には、優弥らと過ごすゆりあが「幸せで涙出る」と泣きながら話す姿が。また、ゆりあみちると共に吾良に寄り添う稟久は「吾良さん、おはよう」と吾良の頬にキスをしている。

一方、みちるが別居中の夫・源から「水商売はもう辞めたんだろうな」と言われる場面も。みちるは「うざい」とつぶやくとともに、心配するゆりあに「ゆりあさんには関係ないです」と告げる。

さらに、電話越しに優弥に「会いたい」と告げるゆりあの姿や、「男できたんですよ、あの女」と話す稟久の姿が見られるほか、「私とりっくんが結婚しちゃうの」とゆりあに話す志生里の姿が映し出されている。

「ゆりあ先生の赤い糸」第6話より/(C)テレビ朝日