ドッグフード・ドライフード・生肉

イギリスで「最も体が大きいとされる犬」を飼う男性が、犬との生活と膨大なエサ代などの苦労を語った。『Dailystar』や『Mirror』が伝えている。

 

■2メートル超えの巨体

ディラン・ショーさんは、2歳になるトルコ原産の犬種のマラクリのアブを飼っている。アブは後ろ足で立つと7フィート2インチ(約2.2メートル)の巨体で、体重は18ストーン(約114キロ)だ。

今年8月に亡くなった「イギリス最大の犬」の記録を保持しているブルーグレートデンの体高7フィート(約2.1メートル)を、遥かに凌いでいる。記録申請はしていないが、ディランさんは「アブがイギリス最大の犬」と信じて疑わない。

四つん這いになると、肩が私の腰の上に来るんです。私は身長178センチですが、それでも彼の横に立つと子供みたいに見えるんです」と、アブの大きさについて語る。

 

関連記事:「世界一背が高い」でギネス認定された人気犬が天国へ がん手術後に肺炎を発症し…

■エサ代は膨大に

大きな犬を飼うことで、エサ代の出費は膨大なものになっている。ディランさんはアブの典型的な1日の食事について 「生肉、生肉のドッグフード、丸鶏も食べます」と語るが、ドッグフード代だけで年間4,000ポンド(約73万円)の出費だという。

1日に3キロの肉を解体し、夕食に鶏肉を丸ごと1羽、サバを丸ごと3匹、生肉のドッグフード、卵2個を毎日食べ尽くす。食事は1日11ポンド(約2,000円)かかるそうだ。

現在、アブの体重は象の赤ちゃんと同じくらいで、ディランさんは来年にはさらに2、3キロは増えるだろうと予想している。

 

関連記事:バスを乗り間違えた男の子を助けた少年3人に称賛の嵐 機転利かせ無事に帰宅させる

■大きくなる成長途中

ディランさんは、アブが予想していたよりも30センチも背が高くなり、体重は30キロ近く増えていることに驚いている。

「3歳までは完全に成熟しないから、まだ1年は成長を続けると思う。驚くというより、今後どれだけ大きくなるのかわからない」と語った。

2021年11月にトルコからイギリスにやってきたアブは、ディランさんいわく「お人好しで社交的な性格。押しつぶされそうなくらい大きいのに甘えん坊」なのだという。

体高2メートル超えの巨大犬のエサ代は年間73万円以上 1日に肉3キロを食べ…