今月18日と19日に、東京・よみうりランドで開催されたイベント「あくたーず☆りーぐ アートフェスタ in よみうりランド」。

このイベントのキッチンカーで販売されたハラミボックスと、チキンボックスが原因の集団食中毒が発生した。

トレンドニュースキャスター取材班は、調査を担当した川崎市から詳しい話を聞いた。

女性42人が感染

川崎市健康福祉局は、19日に提供されたハラミボックス(牛ハラミ焼き)と、チキンボックス(塩こうじチキン焼き)を食べた10~40代の女性42人が、ウエルシュ菌による食中毒に感染したと発表。

患者の多くは、下痢や腹痛の症状を訴えているという。

今後も増える可能性

健康福祉局の担当者は、トレンドニュースキャスターの取材に「食中毒の原因となったボックスは、計210個販売されている。よって食中毒患者は今後増えていく可能性がある」と話す。

なお、ボックスを販売したキッチンカー「NAOKI’S」は、28日から1日間の営業停止処分となった。

腹痛や下痢の症状

ウエルシュ菌の食中毒は、潜伏期間6~18時間(平均10時間)の後、腹痛や下痢などの症状を引き起こす。

(画像:ウエルシュ菌 提供:東京都健康安全研究センター)

多くの場合、発症後1~2日で回復するとされているが、基礎疾患のあるひとや子供、高齢者は重症化することがある。

4つの予防策

ウエルシュ菌食中毒の予防方法としては、次の4つのポイントが重要。

1. 「喫食までの時間を短くする」

2. 「加熱調理後に速やかに10℃以下に冷却するか、55℃以上で保管する」

3. 「よく混ぜながら調理する」

4. 「調理後の食材は小分けにして保存する」

これらの対策を適切に行うことで、ウエルシュ菌による食中毒を予防することが可能だ。

【速報】俳優イベントのキッチンカー 42人のウエルシュ菌食中毒発生 保健所は取材に「人数はまだ増える可能性あり」